ペラグラ

ペラグラはどんな病気?
ペラグラとはナイアシン欠乏症のことで、手足や顔、首に皮膚炎が起こります。さらに下痢や頭痛なども起こり、進行していくと脳の機能に障害が起こってしまいます。また不規則な食事の多い、アルコール依存症の患者にも多くみられます。治療にはニコチン酸アミノを1日50~100mg、さらにビタミンB1,B2やB6の服用も併せて行います。早期に治療を行えば危険はありません。


ペラグラの症状
ペラグラとは、代謝内分泌疾患と一つです。ナイアシンの欠乏症です。とうもろこしを主食とする地域でよく発症が見られます。ナイアシンの不足だけでなく、日光に当たることによって発症します。症状としましては、まず、顔に、左右対称の赤い色の斑点が出ます。次に、消化器が侵されてきます。嘔吐・下痢・便秘などが起こってきます。その後、脳機能の錯乱に至ります。

ペラグラの原因
ペラグラを発症する原因としてはビタミンb群、特にビタミンb3であるナイアシンの欠乏が挙げられ、とうもろこしを主食とする地域での発症が多いです。ビタミンb2・b6や鉄の不足もリスクとなるため、日本では過度のダイエットによる栄養不足も要因となります。他にもアセトアルデヒドを体内で無毒化する時にもナイアシンが関与するため、アルコールの過剰摂取も要因の1つとなります。

ペラグラの検査と診断
ペラグラの検査方法は、外部に現れたさまざまな症状によってなされます。視診によって、皮膚炎として顔面は警部や手足など、陽に当たる部分がダメージを受けていないのかどうかを見るのです。とくに発赤や水疱や痂皮ができていたり、または褐色の色素沈着ができていることによって、視診を成すことが出来ます。また同時に下痢がでることもあるので、それらの問診もまた検査に活用することが出来ます。

ペラグラの治療方法
ペラグラになったときの治療法としては、簡単な薬物投与や栄養摂取等が方法として用いられています。薬物投与に関しては、ニコチン酸アミドと呼ばれる成分を含んだ薬を医師から指示を受けた分だけの量、服用するという方法です。場合によっては、ビタミンB郡の摂取の不足があるので、その際にビタミンB1とB2とB6の薬による摂取が求められます。

ペラグラの初診に適した診療科目

ペラグラに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ