前立腺肥大症ゼンリツセンヒダイ

前立腺肥大症はどんな病気?
前立腺肥大症とは前立腺における細胞数が増加し、肥大してしまうものです。加齢による影響が大きいと言われています。排尿困難や膀胱の機能変化など、患者によって症状が異なることが特徴の一つです。治療には内服薬や注射薬が使われますが、レーザー光線や電気メスを利用して手術が簡単にできることから、日帰りでの手術を選択する患者も少なくありません。

前立腺肥大症の症状
前立腺肥大症は近年増加してきている病気の一つですが、その症状にはつぎのようなものがあります。肥大した前立腺により尿道が圧迫され、排尿がしにくくなったり、尿道が圧迫されたことにより、膀胱が刺激をうけ、収縮力が低下してしまうことがあります。肥大の発生部位などによって患者ごとに異なる複雑な状態を呈する場合が多いので、注意が必要です。

前立腺肥大症の原因
前立腺肥大症の原因は、男性ホルモン、もしくは女性ホルモンの作用によるものと考えられています。加齢に伴い男性ホルモンが減少し、女性ホルモンが相対的に増加することによって、ホルモンのバランスが変化することが要因であると言われています。去勢した人や正装の無い人には発症しないため、男性ホルモンの役割が大きいと考えられています。

前立腺肥大症の検査と診断
前立腺肥大症の検査方法は、前立腺がんとの区別が必要なため、血液中の前立腺腫瘍マーカーの値を調べます。また、直腸から指を入れて、前立腺の触診も行います。超音波エコー検査で前立腺の断面を調べ、大きさや形、内部構造を精密に調べます。残尿量や尿の勢いも調べます。他には、尿道の先端から造影剤を入れて、膀胱や尿道、前立腺の形状を調べるものもあります。

前立腺肥大症の治療方法
前立腺肥大症はまず第一に前立腺ガンとの区別が必要となります。前立腺ガンが否定されれば、色々な治療法はありますが、不便に感じていなければ特に治療する必要もないのです。治療するとなれば薬物治療と手術、レーザーがあります。薬物治療ではオキセンドロンやカプロン酸ゲストノロンの注射薬、酢酸クロルマジノンやアリルエストエノールなどの内服薬となります。

前立腺肥大症の初診に適した診療科目

前立腺肥大症の専門外来

前立腺肥大症の専門医

前立腺肥大症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ