反抗挑戦性障害ハンコウチョウセンセイショウガイ

反抗挑戦性障害はどんな病気?
反抗挑戦性障害は、9歳前後~思春期前後にみられ周囲に対し挑戦的、挑発的でかつ反抗的な態度や行動を当然の様ににしてしまうものです。ADHDいわゆる注意欠陥多動性障害を持つ4割の子供が発祥するとされています。治療はADHDと合併症で出たものならば親子関係の修復(ペアレントトレーニング)や育児支援、ADHDへの薬物治療がほどこさせます。

反抗挑戦性障害の症状
反抗挑戦性障害の症状は、文字通り反抗的で挑発的な態度を取ることが主となります。例えば目上の人に対して必要以上に挑発的で、規則に対して必要以上に反抗したりします。口論や、意地悪などが多く感情をコントロールすることが苦手で、明らかに度が過ぎる行動を行います。主に9才から思春期に見られ、年齢と主に自然と落ち着くのが一般的です。

反抗挑戦性障害の原因
反抗挑戦性障害とは、精神状態が普通の状態ではなく、何事に対しても反抗的な態度をとってしまうことが特徴です。原因としては様々な精神疾患が考えられます。精神疾患が起因の場合もありますが、何か特定のショッキングな事件や事故が起こったあとにもこの障害は起こり易くなります。反抗的であるだけでなく挑戦的なところも特徴で、すべてのことに対して反してくることが問題です。

反抗挑戦性障害の検査と診断
反抗挑戦性障害の検査方法とは、完全に確立されているわけではなく、場合によっては診断が不能であるとされることがあるのです。そのため、複数の病院を利用するなど、患者またま患者の家族の側の努力が必要となります。行動や言動についてのあらゆる調査を行い、同時にこれまでの経過などもじっくりと見ていき、それでようやく診断できるものとなっています。

反抗挑戦性障害の治療方法
反抗挑戦性障害の治療法は、ペアレントトレーニングという親子関係の修復、その子供が成長していくために必要となる育児支援、注意欠陥多動性障害にたいしての効果的な薬物を使用して行う治療、同じ症状の子供を持つ親の会などのネットワークの活用を必要とします。注意欠陥多動性障害をもつ子供にこの障害をあわせて発症する確率は50パーセント以上といわれるので早めの治療が大事です。

反抗挑戦性障害の初診に適した診療科目

反抗挑戦性障害の専門外来

反抗挑戦性障害に関する書籍はこちら

スポンサーリンク
反抗挑戦性障害の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
反抗挑戦性障害に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ