膀胱結石ボウコウケッセキ

膀胱結石はどんな病気?
尿路感染症や膀胱憩室症、前立腺肥大症などで膀胱に石がたまる病気を膀胱結石といいます。主な症状は血尿、排尿痛、残尿感などの排尿障害や下腹部の圧迫感や不快感などが挙げられます。小さな結石なら自然と排出されますが、結石が大きく痛みを伴う場合は体外衝撃波による粉砕や内視鏡手術でのレーザーによる粉砕によって排出されます。重症化すると開腹手術による結石の除去が行われます。

膀胱結石の症状
尿路結石が膀胱内で滞留すると膀胱結石となりますが、その要因を作る前立腺肥大は男性のみに起こるため、この症状は男性に圧倒的に多くなります。現れ方としては結石が尿道を通過しようとする時に生じる刺激痛が代表的なものですが、他にも残尿感や頻尿感、血尿といった形で現れます。また排尿をする際に排尿痛が生じたり、場合によっては尿道閉鎖に伴い突然排尿困難になるケースもあります。

膀胱結石の原因
膀胱結石は慢性的に膀胱炎をくり返すことが原因となって発症するケースが多く見られます。前立腺肥大や尿道狭窄のように膀胱頸部から尿道にかけての尿の排出に問題がある場合や、膀胱憩室や神経因性膀胱などの下部尿路の通過障害がある場合、膀胱内に異物が侵入することによって発症するといわれています。一言でいえば泌尿器系の何らかの病気の結果として発症するのです。

膀胱結石の検査と診断
膀胱結石の検査方法とは、まず一般的に尿検査が行われます。血液や蛋白が混じっていないかの検査です。しかしこれだけでは結石とは診断は難しい為に、エコー検査を行います、体の表面から超音波を使用して体内をモニターに写し出します。そこで石が発見されれば診断が下されます。他にもレントゲン撮影も行う方法があります。これにもはっきりと石の位置や大きさが映ります。

膀胱結石の治療方法
膀胱結石の大きさや数によってその治療法は変わります。結石の数が少なく、大きさも小さいものであるならば内視鏡を用いて膀胱の中でレーザーや専用の鉗子、超音波などの方法を使って細かく粉砕、摘出します。粉砕が出来なかった場合や、結石の数が多い、またはある程度の大きさがある場合には、開腹手術が必要になります。下腹部を切開て取り出します。

膀胱結石の初診に適した診療科目

膀胱結石に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ