低アルブミン血症テイアルプミンケッショウ

低アルブミン血症はどんな病気?
低アルブミン血症とは、ヒト血漿においてアルビミンの濃度が異常に下がることを言います。種々の低蛋白血症のひとつです。アルブミンはヒト体内の中で主要な蛋白のひとつで、血清においては蛋白のおよそ60%を占めます。多くの薬剤、ホルモン、分子化合物は血中でアルブミンと結合しています。生物学的に活性させるためにはアルブミンと分離する必要があります。


低アルブミン血症の症状
低アルブミン血症の患者では血液成分の血漿が異常に下がります。原因としては、肝臓障害、ネフローゼ症候群、低栄養です。症状ですが浮腫みです。治療は献血アルブミン製剤や遺伝子組み換え合成アルブミン製剤の静脈投与により改善されます。アルブミンなどの蛋白質は胃で分解されてしまいますので経口投与は不可能ですので薬剤処方はされません。

低アルブミン血症の原因
低アルブミン血症の原因は、栄養不良・ネフローゼ・肝臓障害といったものであるとされています。この病気を引き起こす具体的なものが重症の急性肝炎・肝硬変・消化不良・栄養失調によりアルブミン合成能力が低下することやネフローゼ・タンパク漏出性胃腸症・熱傷によりアルビミン消費の亢進がなされることが挙げられます。この病気は、栄養不良等によるアルブミン障害によって引き起こされるのです。

低アルブミン血症の検査と診断
低アルブミン血症の検査方法は、血清中のアルブミンの量を測ることで、日本国内ではスクリーニング検査にふくまれています。その内容として血液中のアルブミンの濃度を調べる血液検査と、尿中に漏れ出ているアルブミンの量の測定をする尿検査の二つがあります。この二つの検査の結果として数値が通常の正常値よりも低い場合には陽性となります。

低アルブミン血症の治療方法
低アルブミン血症を治療するに当たっては、発症原因となった疾患に対する治療法が最優先されます。ただし、緊急性を要するものの場合には、献血アルブミン製剤や遺伝子組換え合成アルブミン製剤の静脈投与がなされることがあります。なお、これらのアルブミン製剤は、経口投与が不能であることを基本とします。これは、アルブミンなどのいわゆる血漿蛋白も含めて、たんぱく質全般が胃に成分が入ることで分解されるためです。

低アルブミン血症の初診に適した診療科目

低アルブミン血症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

低アルブミン血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ