急性腎炎キュウセイジンエン

急性腎炎はどんな病気?
急性腎炎は、風邪や溶連菌などの感染症にかかった後に腎臓に炎症がおこる病気です。主に血尿、むくみがみられ子供がかかりやすいとされています。子供がかかった場合は一過性のものですぐに治ることが多いですが、大人がかかると慢性化しやすいという特徴があります。この病気にかかった場合は安静にし、尿を貯めすぎず塩分を控えるといったことが重要です。


急性腎炎の症状
急性腎炎は、大量出血や多発外傷などで腎臓に負担がかかった際に腎機能が急激に低下してしまう症状のことです。この状態になりますと、尿が全く出てこなくなり、尿毒素が体内に蓄積しますので人工透析を行なうことで腎臓の代替機能をしていかなければならないのです。1週間ほどで治癒することが多いのですが、そもまま慢性化してしまうこともあります。

急性腎炎の原因
急性腎炎は細菌感染によるアレルギー性のものと考えられており、原因となる主な細菌は溶血性連鎖球菌といわれています。他にもブドウ球菌や肺炎菌などもあり、感染すると菌に対抗するために抗体が作られます。その抗体に補体が付くことによって免疫複合体となります。この免疫複合体が血流によって腎臓に運ばれ糸球体に沈着することで炎症を引き起こすと考えられています。

急性腎炎の検査と診断
検査方法についてですが、まず尿検査をして尿たんぱく・尿比重・尿潜血などを調べます。次に血液検査、腎機能検査として、BUN・クレアチニン・溶連菌の抗体を調べます。必要な場合は腎生検もします。血尿、赤血球円柱、蛋白尿、ASO(抗ストレプトリジンーO抗体)、ASK(抗ストレプトキナーゼ抗体)の上昇などが認められたら、急性腎炎と診断されます。

急性腎炎の治療方法
急性腎炎の治療法は、初期段階では食事の塩分が制限されて水も必要最低限まで制限されます。トイレまで行って排尿できるようになると塩分も解除され水も自由に飲めるようになりますが塩分も水も控えめにした食事療法を続行します。腎臓の働きが正常に近づいても激しい運動を避けて腎臓に負担をかけないようにして腎臓の経過を慎重に見守ります。

急性腎炎の初診に適した診療科目

急性腎炎の専門外来

急性腎炎の専門医

関連部位から他の病名を探す

急性腎炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ