肝膿瘍カンノウショウ

肝膿瘍はどんな病気?
肝膿瘍は肝臓の局所に膿が溜まり、異常な発汗、倦怠感、食欲不振などの症状が起こる病気です。原因は細菌感染が多く、中でも大腸菌による感染が多いです。かつては虫垂炎の原因とされる菌が血流に乗って肝臓に達して発症するものが多かったのですが、現在は胆道感染によるものが増えています。検査では感染による白血球の増加、胆汁の血中濃度の増加などの肝機能障害が現れます。治療は排膿法で、不完全な場合は手術もあります。


肝膿瘍の症状
肝膿瘍の症状は、さまざまな形で生じてきます。風邪のような発熱があったり、体温の上昇によって発汗がかなり進んで寝ている時に汗をかいたり、他にも倦怠感が生じる、食欲不振になる、体重がどんどん減っていく、そして貧血が起こる、などという客観的に把握できる部分が多いのです。加えて、腹部の痛みは肝臓の腫れといった形でも変化がでてきて、大抵の場合でいくつかのものが組み合わさるということになっています。

肝膿瘍の原因
肝膿瘍の原因は、二つあります。一つは、赤痢アメーバ原虫によって起こる「アメーバ性」です。もう一つは、大腸菌などの細菌感染による「化膿性」です。日本ではほとんどが「化膿性」の方です。「化膿性」の感染経路は、中垂炎などによる門脈系や、胆嚢(肝臓で作られた胆汁を預って、ためておく場所)の病気による胆道系などいくつかあり、膿瘍は一つだけのこともあれば、複数できることもあります。

肝膿瘍の検査と診断
肝膿瘍は特徴的な所見が少ないと考えられており、症状や血液検査から診断することが難しいといわれています。発熱などの症状がありますが、他の病気を疑われることが多いのです。そのため、検査方法はCTスキャンやエコー検査、最終的には超音波検査で患部を探して組織を採取し、培養してから顕微鏡で調べて特定するという方法がとられています。

肝膿瘍の治療方法
肝膿瘍は敗血症や播種性血管内凝固症候群に移行し危険な状態になるため、この病気を疑ったら早急に抗生剤治療を開始しなければなりません。また体外に膿を出すため、経皮的に膿瘍穿刺ドレナージを行います。また抗生剤の全身投与をしても改善しない場合や、膿瘍が多発する場合は冠動脈内にカテーテルを入れ、抗生剤の動脈注射を行う治療法もあります。

肝膿瘍の初診に適した診療科目

肝膿瘍の専門外来

肝膿瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ