回避性パーソナリティ障害カイヒセイパーソナリティショウガイ

回避性パーソナリティ障害はどんな病気?
回避性パーソナリティ障害は、失敗や傷つくことを恐れる気持ちが強すぎ、人と接触したり、課題への挑戦を避けてしまい、孤独を選んでしまう障害です。一般的に社会参加に消極的となり、登校拒否や出社拒否、更には、引きこもりになってしまうケースも多々あります。治療には主にカウンセリングなどの精神療法が用いられ、補助的に薬物療法も併用されます。


回避性パーソナリティ障害の症状
回避性パーソナリティ障害に特有の症状とは、自ら進んで孤立することや、自分の批判に対して異常なまでに過剰反応することや、臆病で異常なまでの劣等感を抱いていることが上げられます。一般的に引きこもりをしている人と同じような精神状態であることが多いので、メンタルトレーニングを施すことで社会との接点を持たせることが治療への第一歩なのです。

回避性パーソナリティ障害の原因
回避性パーソナリティ障害は、否定的な評価に敏感になったり社会的な交流を回避したりする障害で一般的にAPDともよばれます。この原因の1つとしては、幼少期から親に褒められた経験がない、そして長期間いじめられてきた患者が多いといえます。前者の方では、親の繋がりたいと思っているのに繰り返し非難を受けることにより殻にこもってしまいます。

回避性パーソナリティ障害の検査と診断
回避性パーソナリティ障害は、不安パーソナリティ障害とも言います。自分に否定的な評価、社会的な交流を避ける傾向が見られます。さて、その検査方法は、人との接触を避けようとすることや、人との交流を持とうとしないこと、自尊感情が低いために、人との親密な関係を築こうとしないこと、また自分は劣っていると思っているなど、常に自分をより悪く思ってしまう傾向が見られることです。

回避性パーソナリティ障害の治療方法
回避性パーソナリティ障害の治療法は、医師とカウンセラーが連携して患者の間違った思考パターンを矯正して正しい思考プロセスを教えます。マイナス思考や必要以上に相手の考えを読み取ってしまうことで消極的になっている思考パターンと行動パターンを指摘し患者の意識を変えます。ゆっくりと考え方を矯正し目星が付いたら新しい考えを教えてやります。

回避性パーソナリティ障害の初診に適した診療科目

回避性パーソナリティ障害の専門外来

回避性パーソナリティ障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ