偽関節ギカンセツ

偽関節はどんな病気?
一般的に、偽関節とは骨折した際に、折れた骨の間に腫瘍などが発生し、骨の接合が不正になった状態のことです。このため、これらの症状が起きた場合には、腫瘍を除去し正確に骨を接合させる必要があります。また、このような症状を引き起こすことによって、腫瘍の部分からばい菌などが混入し、関節を麻痺する恐れがあるために、速やかに対処する必要があります。


偽関節の症状
偽関節の症状の原因はスポーツの事故や交通事故などで骨折をしたときになります。糖尿病などの全身性疾患の中でも内分泌障害の人は特になりやすいです。骨折をした後にきちんと治らずに、関節のように動く骨になる後遺症のことでで手首の関節が変形していき手首に痛みが生じて力が入らなくなったり、変形してしまって動きにくくなってしまったことを指します。

偽関節の原因
偽関節とは骨折した部位が元のように戻らないで完全に停止したものであり、その原因には血腫の流出や、骨折部に圧迫力以外の力が加わることによって骨癒合が妨げられ、進行しないことが挙げられています。局所的な要因としては他に骨片の欠損や血行不良、軟部組織の介在があります。これらのほかに体質や内分泌の異常、栄養障害、短い固定期間や治療状態の不良などがあります。

偽関節の検査と診断
偽関節は、治癒の状態がほとんど止まっていり仮骨の形成が9ヶ月以上見られない状態ですが、検査方法としては、その骨折部位に癒合能力が残っているかどうかを調べる方法が取られます。その方法の一つとして、骨スキャンが挙げられます。骨スキャンでは、放射性物質のテクネチウムが代謝の活発な骨組織表面のハイドロキシアバタイトに集積するため、骨代謝が亢進しているかどうかがわかります。

偽関節の治療方法
偽関節の治療法にはいくつかあります。超音波を用いたものや、赤外線を用いた、ものもあります。そして、代表的なものとしては自家骨移植があります。これは、患者の腰などの骨の一部を取り出して、幹部の隙間へ植えるという方法です。この時、骨の成長を促すために血管も移植する場合もあります。 これ以外には、イリザロフ法という元は低身長の改善のための手術も注目されています。

偽関節の初診に適した診療科目

偽関節の専門外来

偽関節に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ