カポジ水痘様発疹症カポジスイトウヨウホッシンショウ

カポジ水痘様発疹症はどんな病気?
カポジ水痘様発疹症とは、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を背景に起こる重症のヘルペスウィルスによる感染症です。もともとアトピー性皮膚炎を患っている場合の免疫機能の低下などにより、単純ヘルペスウィルスの感染と増殖を抑えることができないために発生するものです。主な症状としては、突然発熱があり、基本的には顔や体幹に小さな水ぶくれができるといったものです。

カポジ水痘様発疹症の症状
カポジ水痘様発疹症の症状は発熱、リンパ節の腫れ、痛みをともなう水痘があらわれます。発疹の範囲が身体全体に広がると入院をすすめられます。痒みもともないますが、痒みより痛みの方が強いのが特徴です。水痘が落ちついてカサブタになってくると痒みがあらわれることもあります。カサブタが自然に剥がれ落ちるとそばかすのようになりますが、やがて落ちつき消えていきます。

カポジ水痘様発疹症の原因
カポジ水痘様発疹症の原因の多くは単純ヘルペスウイルス(以下HSV)です。アトピー性皮膚炎が基礎疾患となっていることが多く、アトピー性皮膚炎の患者がHSV感染することで発症する皮膚感染症です。免疫力や体力が低下していると感染症を起こしやすくなり、HSV感染を合併することにより発症します。稀にコクサッキーウイルスの感染でも発症します。

カポジ水痘様発疹症の検査と診断
カポジ水痘様発疹症を調べるためには複数の検査方法があります。まずTzanck試験という水痘液をギムザ染色しウイルス性巨細胞を検出する方法です。そして血清抗体を調べるEAI法や、モノクロナール抗体を使用しウイルス抗原を検出する方法もあります。他にもPCR法と呼ばれる検査やウイルス分離法といった方法など、その手段にはバリエーションがあります。

カポジ水痘様発疹症の治療方法
カポジ水痘様発疹症の治療法としては、抗ウイルス薬のアシクロビルやバラシクロビルを投与します。特にアシクロビルならば感受性が高いので内服治療でも十分な効果や治療が得られます。しかし、重症で入院治療が必要な場合では、水痘に罹患していない他の患者たちからは隔離される事が多く、治療は輸液などを行いながら抗ウイルス薬の点滴静脈注射を行います。

カポジ水痘様発疹症の初診に適した診療科目

カポジ水痘様発疹症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ