円背エンパイ

円背はどんな病気?
円背とは、腰から背中までが、丸くなってしまうことです。人間は、座っている時には背中が丸まってしまい、このような姿勢になってしまう傾向があります。特に椅子に座って作業をしていると、つい、丸まった姿勢になりがちです。このような状態を長年続けていると、脊柱が変形してしまいます。四十肩や五十肩、偏頭痛の原因になることもあります。加齢とともになりやすいので、注意しましょう。


円背の症状
円背の症状について、簡単に説明させていただきます。この病気になると、身体に大きな負担を強いる状態となってしまいます。大きな負担が掛かることによって、肩こりや腰痛、ぎっくり腰などを引き起こすことになってしまい、疲れ易い身体になってしまうことに繋がります。放置していけば、腕を真っすぐ挙げることなども困難になっていってしまいます。

円背の原因
円背とは背中が曲がり丸くなった状態で、内臓などにも影響があります。原因は骨粗しょう症による多発性脊髄圧迫骨折です。椎間板や椎骨の加齢変化による変性後湾症が重なっていることもあります。ほかに、成長にともなって複数の椎体がくさび状に変形し、脊柱が丸く変形したり、先天的に椎体が変形していることなどもあります。小児期の脊椎カリエスの後遺症として発症することもあります。

円背の検査と診断
円背の検査方法は、X線検査や視認などによって行います。X線の検査を経て椎体の形を観察することによって、病状の具合が判断できます。もしX線検査の結果、椎体の変形が見られたならば、病気として診断し治療のための対策を立てる事が可能です。また、重度の症状である場合には、視認することによって脊柱が湾曲しているかどうかが分かります。

円背の治療方法
円背の治療法は、その原因となる疾患があれば疾患の治療を行わなければなりません。ですが姿勢が悪い状態を長年続けたことによってでてきた症状ならば、装具による矯正を行います。また重度の場合は手術による治療が必要になってきます。ストレッチも効果があります。毎日軽く背筋を伸ばしたり、少し後ろにそらせる運動を続けるとよいでしょう。

円背の初診に適した診療科目

円背の専門外来

関連部位から他の病名を探す

円背に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ