抑肝散加陳皮半夏ヨクカンサンカチンピハンゲ

抑肝散加陳皮半夏はどんな病気?
抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)は漢方の1つであり、効能は神経の高ぶりを抑える。または筋肉のこわばり・つっぱりを弛め、身体的にも精神的の状態を良くします。具体的な症状としては、不眠やイライラの精神神経症状、手足の痺れや震え、痙攣などにも適用できます。胃腸が弱い、体力が弱い人にも服用でき子供にも適している漢方薬です。


抑肝散加陳皮半夏の症状
抑肝散加陳皮半夏は虚弱体質で体力が落ちている、神経が高ぶったものの次の諸症状に適応します、神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症。 その他、最近は認知症による妄想、幻覚、不安、依存、徘徊、 攻撃的行動、睡眠障害、介護への抵抗、異食・過食、抑うつなどに効果があり注目されています。抑肝散に陳皮と半夏が加わっているので、食欲不振や吐き気にも効果があります。

抑肝散加陳皮半夏の原因
抑肝散加陳皮半夏とは、漢方薬の一つで、うつ病、更年期障害、自律神経失調症、イライラ感、不眠症、歯ぎしり、パニック障害が原因で起きる筋肉のこわばりやツッパリを鎮める効果のある漢方薬です。手足のしびれ、けいれん、小児のひきつけや夜泣きなどにも効果があります。他の薬を処方している方は、副作用の心配もありますので、注意が必要な漢方薬です。

抑肝散加陳皮半夏の検査と診断
抑肝散加陳皮半夏が適応となる病気の検査方法について説明します。高血圧では血圧を測定します。患者さんに血圧計を貸し出して、一定期間自宅で血圧を測定してもらうこともあります。動脈硬化では「キャビイ検査」という方法を用います。仰向けになった状態で両手と両足の血圧と脈波を測定し、動脈の硬さを判定します。神経症や不眠症では、医師の問診をもとに診断します。

抑肝散加陳皮半夏の治療方法
抑肝散加陳皮半夏というのは、認知症の周辺症状に効果があると注目されている抑肝散に健胃作用を持つ陳皮とおう吐を抑える半夏を加えた漢方薬による治療法のことです。この漢方薬を投与する治療を行うと脳血管性の認知症の暴力行為や徘徊に一定の改善が見られます。この漢方薬の治療では、重い症状ではありませんが食欲不振やむかつきなどの副作用が出ることもあります。

抑肝散加陳皮半夏の初診に適した診療科目

抑肝散加陳皮半夏の専門外来

抑肝散加陳皮半夏に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ