腱板断裂ケンバンダンレツ

腱板断裂はどんな病気?
上腕骨頭の周囲に付着している4つの筋肉を腱板といい、腱板断裂とは、それらの筋肉の腱部分が切れてします疾患です。転倒して肩を強打したりする外傷性と、加齢や長期に渡る肩の酷使などによって徐々に擦り切れる非外傷性とがありますが、どちらも、安静時痛や夜間痛が生じたり、腕の上げ下ろしをする際の痛みや違和感、腕を上げた状態での作業が困難であったり、腕が上がらなくなるなどの症状が出ます。


腱板断裂の症状
腱板断裂とは、肩関節に安定性をもたらす筋肉および腱の複合体である腱板が断裂してしまうことで、肩関節の痛みや腕が上がらなくなるなどの症状を訴えることが多いです。これにより、衣服の着脱が困難になったり、物を取るときに不便したりするだけでなく、痛みで眠れなくなったりすることもあるため、生活に大きく影響してしまう疾患であるといえます。

腱板断裂の原因
腱板断裂の原因は怪我によるものと、老化によるものに分けられます。転んで手をついたり、重いものを持ち上げた時、肩関節の脱臼などの怪我に伴い起こることがあります。多くは長い時間をかけて擦り減った結果や、老化により起きます。40歳頃からこの腱の老化が始まり、断裂の危険性が高まっていきます。野球やテニスなど肩関節を使うスポーツにより起こる場合もあります。

腱板断裂の検査と診断
腱板断裂が生じているかどうかを確認するためには、最終的には画像診断を用いる必要があります。ただし、それほど重症でない場合など、確定診断を行う必要がないと考えられるケースにおいては、触診や問診等の検査のみおこなう場合もあります。画像診断による検査方法の場合は、腱板が断裂している様子が画像としてとらえられているため、一定レベル以上のものであれば判断が可能です。

腱板断裂の治療方法
腱板断裂の治療ではいくつかあり、年齢や断裂のサイズを考慮して治療法を決めます。手術しなくとも約半数の人は安静、鎮痛薬の服用、ステロイド剤、ヒアルロン酸の注射、理学療法で治ります。しかし痛みが強い場合や非手術治療で効果が現れなかった人には、オープン法、関節鏡法、ミニオープン法等の手術が行われます。手術後はリハビリテーションが必須です。

腱板断裂の初診に適した診療科目

腱板断裂の専門外来

関連部位から他の病名を探す

腱板断裂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ