結節ケッセツ

結節はどんな病気?
ヘバーデン結節とは、指の第一関節が変形し、曲がってしまう疾患です。原因は不明です。指の第一関節が、赤くなって腫れたり、曲がったりする症状が出ます。痛みを伴うこともあります。40歳以上の女性に現れることが多いものです。リュウマチとは、異なります。予防としましては、指の第一関節が、痛むときには、安静にして指先に負担をかけないようにしましょう。


結節の症状
結節に問題があると、全身の色々なところに腫瘍ができます。皮膚、神経系、腎臓、肺、骨など、場所を選びません。とはいえ、症状はこれに限らず、年齢によって色んなものが見られます。例えば、幼児期にある子どもには不整脈、二十代の青年には顔の血管線維腫と呼ばれる赤いニキビのようなもの、高齢期の老人にはてんかんが多く見られますが、必ずしもこの限りでなく、人によって多様であるようです。

結節の原因
結節とは脳、腎臓、肺、皮膚、心臓など全身の様々な場所に腫瘍をはじめとする症状が出る病気です。てんかん発作や発達障害、自閉症、息苦しい、尿に血が混じるなどの症状が現れます。原因は遺伝子異常によるものです。関係している遺伝子は2つあり、そのどちらかまたは双方に異常が起こることにより発症します。遺伝する病気ですが両親からの遺伝より、精子や卵子の遺伝子の異常により起きることが多いです。

結節の検査と診断
声帯結節における検査方法は、主に医師が行うものです。アナウンサーなど、発声を頻繁に行う人たちに問題が生じやすいものですから、喉の検査を行えばそれだと判断できることになります。これを確認するには、間接咽頭鏡と呼ばれるレンズや、咽頭ファイバースコープと呼ばれるものを用いて検査を行います。これが、この問題を発見する一般的な方法です。

結節の治療方法
結節の治療法は、保存的な治療というものがまずは成されます。たとえば消炎薬の投与であるとか、ステロイドホルモンを吸入させるなどの即効性のあるものをやりつち、薬物治療を行い、同時に酷使をしていないかどうかをチェックします。患部をあまりにも激しく利用していた場合には、最悪の場合で手術により、切除しなくてはならない場合もあります。

結節の初診に適した診療科目

結節の専門外来

結節に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ