急性喉頭蓋炎キュウセイコウトウガイエン

急性喉頭蓋炎はどんな病気?
急性喉頭蓋炎はのどなどの器官が炎症を起こす病気で一度掛かってしまうと免疫力が極端に下がりちょっとした風などでもものすごい痛みが起こる厄介な病気となっておりますので少しでも兆候があるかなと思ったのでしたらすぐにでも病院などに行って医者に相談しないと大変なことになる病気です。のどと頭がに痛みを覚えだしたらすこし気にしてみるといいと思います。


急性喉頭蓋炎の症状
急性喉頭蓋炎の症状は、喉頭蓋(声帯の上にある蓋のような部分)に炎症をきたし、赤く腫れる疾患で、急速に進行し、呼吸困難を起こし、まれに窒息死することがあります。炎症を放置し、悪化させると、声がこもって発音がはっきりしなくなったり、ものや水も飲めなくなり、呼吸も苦しくなります。発音がはっきりしなくなり、飲み込にくくなるのは、のどが狭くなった微候が考えられます。

急性喉頭蓋炎の原因
急性喉頭蓋炎の原因とは、通常は最近の体内への侵入がその経路となっており、そのときに最近としてはB型インフルエンザがその根源にあるとされています。最近が侵入し、喉頭部分で繁殖することによって、喉頭の周辺でそのための抗体反応が起きてしまうのです。体の免疫反応ではありますが、それがインフルエンザウイルスのせいで一気に進んでしまうことがこの病気の元となっています。

急性喉頭蓋炎の検査と診断
急激な喉頭蓋の腫れや痛みから起きる急性喉頭蓋炎症はできる箇所によっては呼吸ができなくなる命を脅かすほどの状態に陥ってしまうこともあります。この病気の検査方法は専門医療施設における喉頭ファイバースコープ検査による喉頭の腫れの有無や喉頭鏡検査による声帯異常の確認により、急激に悪化してしまう危険性を未然に防止していくことができます。

急性喉頭蓋炎の治療方法
急性喉頭蓋炎の治療法は、抗生物質の投与が一般的ではあります。ただし状況によってステロイド投与であったり、他の治療方法が選ばれることも多いです。手術で対処することもあり、個人というより、度合いによって適切な対処方法があるといえます。治療前に医師のカウンセリングがあるはずなので、患者は状況を把握し、治療を受けることになります。

急性喉頭蓋炎の初診に適した診療科目

急性喉頭蓋炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ