イマチニブ

イマチニブはどんな病気?
イマチニブとは、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)です。白血病などの治療薬として用いられ、投与方法はメシル酸塩で行われます。商品名としてはグリベックと呼ばれています。1992年に欧米で非臨床実験、1998年に臨床実験が行われ、2001年に米国で承認された後、日本では2000年に試験を開始し、2001年に輸入され、現在も使われています。


イマチニブの症状
イマチニブはスイスの製薬メーカーが製造販売している急性骨髄性白血病の治療薬のことです。抗がん剤系の薬同様、この薬を投薬した場合には重い副作用があり、頭髪が抜けたり、食欲がなく嘔吐を繰り返したりといった副作用の症状が見られます。しかし、現在急性骨髄性白血病に効果がある薬はこの薬しかないので、医師の処方の元、処方してもらうのがいいはずです。

イマチニブの原因
イマチニブとは、抗癌剤の一つです。慢性骨髄 性白血病などに対して 使用される治療薬で、商品名は、グリ ベックです。2001年にスイスの製薬会社ノバ ルティスファーマが発売し、慢性骨髄性白血病の原因となる異常な たんぱく質や、異常なKITたんぱく質と結びつく特定のチロシンキナーゼの働きを邪魔するこ とによって、骨髄造血幹細胞や腫瘍の増 えてしまうことを抑えます。

イマチニブの検査と診断
イマチニブは、病期の進行を抑えるためには効果的な薬です。しかし、長期間に渡って服用していると、この薬に対して耐性が体の中で出来上がってしまいます。その耐性についての検査方法は、血液検査などが主です。また、副作用が出ていないかの確認については、利尿剤や吐き気止めの服用によって、体の変調が止まるかどうかの検査を行うのが一般的です。

イマチニブの治療方法
イマチニブは、慢性骨髄性白血病といった病気の進行を抑制する作用をもつ薬であり、この薬を用いた治療法がなされています。この薬を慢性骨髄性白血病の患者に投与することで、白血病細胞を生成するチロシンキナーゼという酵素の働きを抑制することで病気の進行を遅らせることが可能になるのです。この薬を患者に投与して、病気の進行を抑制することがこの薬を用いた治療の方法なのです。

イマチニブの初診に適した診療科目

イマチニブの専門外来

イマチニブに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ