食道裂孔ヘルニアショクドウレッコウヘルニア

食道裂孔ヘルニアはどんな病気?
食道裂孔ヘルニアとは、食道裂孔が緩みますことで胃が飛び出してしまう疾患です。生まれつき食道裂孔が緩んでいます場合もありますし、加齢による衰えにより裂孔が緩みます場合があります。自覚症状は胸やけ・胸の痛み・胸のつかえです。自覚症状がありません場合は、胃が飛び出していますヘルニア状態ありますだけでは治療の必要がありません。


食道裂孔ヘルニアの症状
食道裂孔ヘルニアというとても恐ろしい病気があります。日常生活を送っていて、とつぜん、差しこむような激しい痛みがみぞおちのあたりに起こるのがこの病気のの症状です。痛みの激しさと発生箇所のせいで、よく心筋梗塞をはじめとする心臓病と間違われることがありますので、注意が必要です。心臓病と思われる痛みのほとんどは実はこの病気である可能性が高いです。

食道裂孔ヘルニアの原因
食道裂孔とは横隔膜にある食道が通っている孔のことです。この食道裂孔が加齢によって緩んでしまうのが食道裂孔ヘルニアの原因です。人によっては生まれつき食道裂孔が緩んでいるという人もいます。また、喘息や肥満などによる腹圧の上昇も食道裂孔が緩んでしまうきっかけとなります。腹圧の上昇は病気や体型によるものだけではなく、日常の服装や姿勢などの深く影響してくるので注意が必要です。

食道裂孔ヘルニアの検査と診断
食道裂孔ヘルニアの検査方法は、レントゲン検査や造影検査、内視鏡検査などです。レントゲン検査では、ヘルニアの場所を見つけ出し、造影検査ではバリウムを飲んで通過過程を確認しながら、ヘルニアの状況をチェックし、内視鏡では、直接ヘルニアの状況を確認します。これらの検査によって、逆流性食道炎や食道がん、胃がんの可能性がないかの確認も行います。

食道裂孔ヘルニアの治療方法
食道裂孔ヘルニアの治療法は基本的に外科手術となります。一般的なのは腹腔鏡下にニッセン法で行う手術で、腹部や胸部を切開せずに手術が可能なので負担が少ないのです。その他には亜全周性のトペー法、ヒル法、ドール法などがあります手術以外の治療は主に保存治療となります。腹圧を上げないことが大事で制酸薬を使い胃酸を抑えたり、肥満ならば解消させなくてはいけません。

食道裂孔ヘルニアの初診に適した診療科目

食道裂孔ヘルニアの専門医

関連部位から他の病名を探す

食道裂孔ヘルニアに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ