牛車腎気丸ゴシャジンキガン

牛車腎気丸はどんな病気?
牛車腎気丸とは足腰の痛み、むくみ、かすみ目などに用いる漢方薬のことです。疲れやすい、顔色が悪い、手足が冷えやすいなどの症状がともなうとき、とくに有効とされています。下半身が衰えた高齢の人がおもな対象となっています。また前立腺肥大症や糖尿病にも適応します。体力が低下し、顔色もすぐれず、冷えをともなうときに最適な効果がでます。


牛車腎気丸の症状
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)は漢方薬の1種で、主に体力を向上させ、水分の循環を良くする働きがあります。足腰の痛みや排尿異常には最適です。これには地黄(じおう:貧血を改善する)、山薬、山茱萸(さんやく、さんしゅゆ:滋養強壮)など10種類の成分があります。高齢者に使われることが多く、足腰の冷えや痛み、頻尿、むくみ、などの症状に利用されます。それを伴う前立腺肥大や糖尿病に使われることもあります。

牛車腎気丸の原因
年を取るにつれて、誰もが老化していきます。そして体が弱っていきます。その際に体のふしぶしに痛みが走ったり、障害が起きたりします。それは老化による原因としかいいようがないです。そのような際は牛車腎気丸を使いましょう。弱った体の節々の痛みや異常を和らげるための薬です。飲みすぎると少なからず副作用もありまので、飲みすぎないように注意することが必要です。

牛車腎気丸の検査と診断
牛車腎気丸は、漢方薬の一つで、むくみや冷え、疲れやすい、不妊などの症状がある方が用いる薬です。これにおける副作用で、もし、咳、息切れ、呼吸困難、発熱などといった症状が現れてきた場合は、間質性肺疾患の恐れがありますので、直ちに使用をやめて、医師による診断をされることをオススメします。それにおける検査方法としては、胸部X線撮影の画像で判断します。

牛車腎気丸の治療方法
牛車腎気丸とは、体力回復であったり、体内の水分の循環を良くする漢方薬のことです。下半身の衰えや、腰の衰えなどの治療法に使える場合もあります。治療薬ではないのため、効果は絶大と言えるほどではありませんが、適切に使えば副作用はありませんし、人によっては非常に効果が高いです。購入はオンラインショップを利用して、取り寄せる事が可能です。

牛車腎気丸の初診に適した診療科目

牛車腎気丸の専門外来

牛車腎気丸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ