けいれんケイレン

けいれんはどんな病気?
けいれんとは体が震える症状です。手足が小刻みに震えて目は白目を向き、口から泡を吐いて意識がない場合もあります。これは筋肉が引き起こすものです。これを引き起こすには様々な病気があります。てんかん、熱中症、脳の意識障害、ショック等です。もし引き起こした場合は大変危険な状態でもあります。直ぐに救急車を呼ぶなどの対処が必要です。ほうっておけば死にも至ります。


けいれんの症状
けいれんは筋肉の収縮が勝手に続きます。自分の意志とは関係なく筋肉が動くのです。代表的な病状として顔の筋肉がピクピクと動くことが多いです。症状が悪化すると全身が硬直することもあります。足などの筋肉がつる状態になることも多いです。自分の意志で体を動かすことが出来なくなってしまうのです。筋肉が勝手に動くと体の自由がきかなくなります。

けいれんの原因
けいれんは、高熱が原因で起こる病気です。子どもは脳の働きが未熟なため、高熱の刺激が加わると発作が起こりやすくなります。38度以上の発熱に伴い手足や唇をピクピクさせ、意識が低下し眼球がつり上がりますが、興奮をしずめる神経が働くとやみますが、30分以上続いたり再度起こることもあります。家族にてんかん歴があったり、おさまらなかったり、片側のみの場合は注意が必要です。また2回以上の場合は座薬で予防します。

けいれんの検査と診断
けいれんとは、突然体が震えだすことです。この病気にはいくつか種類があり、その代表例がてんかんなどです。状態によってはとても危険な場合があるので、注意しましょう。検査方法は、脳波検査などで、睡眠をしているときの脳波を検査したります。原因は、急な高熱によるものもありますが、先天的なものもあります。治療方法は、薬物療法です。

けいれんの治療方法
けいれん発作とは、脳が異常な指令を出すことで起きる発作で、不随意に筋肉が激しく収縮し本人に意識はありません。先天性の場合と脳外傷による脳の損傷が原因で、治療法は薬物療法が効果的で、発作を抑える薬を規則正しく服用し続けることで、無発作状態で日常生活を送ることができます。そして、睡眠不足や飲酒、過労などストレスのない規則正しい生活をおくることも大切です。

けいれんの初診に適した診療科目

けいれんの専門外来

けいれんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ