グリオーマ

グリオーマはどんな病気?
グリオーマ(神経膠腫)とは脳に発生します癌で、周りの脳に浸み込むように成長します。そのため、正常な脳との境界がはっきりしませんので手術で摘出しましても残存腫瘍があります。残存腫瘍の治療には放射線照射、化学療法が組み合わせて行われます。しかし、残存腫瘍を治療しますのは大変困難ですので生存率は悪いです。現在では緩和ケアによります治療も考慮されています。


グリオーマの症状
グリオーマは神経膠腫とも言われます。脳腫瘍と同じような頭痛、吐き気、嘔吐、片麻痺、運動障害、視力障害の症状が表れます。特に起床時の頭痛が強いです。腫瘍のできた部位によっては脳脊髄液の流れの障害で脳室に水がたまり水頭症が発症します。頭蓋内圧が高くなると脳ヘルニアを起こして意識を失ったり呼吸停止の状態になります。脳のどの位置に腫瘍ができているかで出現する病状が異なります。

グリオーマの原因
グリオーマ(神経膠腫)の直接的な原因は、遺伝子の突然変異といわれています。しかし、それ以上の詳しいことは不明であるのが現状です。身内に脳腫瘍を持つ人がいたり、他の臓器にガンがあったりする人はリスクが高くなるといわれています。また腫瘍の進行を助けるものとして、高たんぱく・高脂肪食品の過剰摂取や、過度のストレス、そして喫煙などがあげられています。

グリオーマの検査と診断
グリオーマの検査方法とは、まず脳の状態を詳しく見る必要があります。脳の状態をみる為には今では、CT検査方やMRI検査で脳を見る事が可能です。脳の画像を写し出し腫瘍の存在を確認するのです。もし脳に腫瘍があれば、はっきりと画像に影が写し出されます。それにより腫瘍の存在する部分や腫瘍の大きさを判断できます。そして腫瘍の発生している部分を特定する事により病名が下されます。

グリオーマの治療方法
がんなどによりできたグリオーマの治療法は、まず脳への影響、大きさ、数などを慎重に考慮して検討されます。化学療法、放射線治療、手術といった治療があります。手術をしてすべてのものを取ることは難しいと言われますが、腫瘍が大きい、取れる位置にあるのであれば患者の状態を考慮して手術をすることが望ましいとされています。基本的に化学療法と組み合せて治療を行います。

グリオーマの初診に適した診療科目

グリオーマに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ