胸痛キョウツウ

胸痛はどんな病気?
胸痛とは胸に痛みを伴う事です。痛み方にも様々な痛みがあります。チクチクと突き刺さるような痛みであったり、締め付けられる様な痛みであったりします。これは体内のどの部分から痛みがきているのか、検査しないからにははっきりとした原因は分からないです。まず考えらるのが、肺の異常と心臓の異常です。なんらかの病気が隠されている可能性もありますから、早めの検査が必要です。


胸痛の症状
胸が痛いといった症状は心臓(心筋梗塞・狭心症・不整脈等)に支障を来している事がありますが、それ以外にも多くの胸痛があります。心臓以外には、肺がん・肺炎・胸膜炎・気胸・逆流性食道炎・胃潰瘍とあるので自己判断だけでは済ますことはできません。胸が痛いようならすぐに病院を訪れて、問診を受けた後にレントゲンや心電図検査を受けて下さい。

胸痛の原因
胸痛の原因には、様々なものがあります。検査は、心電図とレントゲン写真によるものになります。心臓の病気・呼吸器の病気・血管の病気・消化器の病気・胸膜疾患の中に、この症状が現れる病気があります。深呼吸や咳を伴うときに現れるもの、呼吸困難を伴うもの、飲酒後に起こるもの、背中の痛みがあるものなど、表れ方も様々なものです。多種多様な疾病から起こるものです。

胸痛の検査と診断
胸痛の検査方法についてです。これは、一口に言っても様々な症状があります。最悪、命にかかわる病気のあらわれとしての症状も出てこないとも言い切れません。これについて、例えば呼吸困難や吐き気などがするなどを医師に相談することにより検査が行われます。その相談及び医師の診断等により、それがどのような病気に由来するものかということがわかるわけです。

胸痛の治療方法
胸痛の治療法は、まずは原因をしっかりと調べておく必要があります。原因によって治療の方法も変わりますので、医師の判断が重要になっています。通常では、心臓の疾患が疑われますので、心臓の疾患の場合にはそれに合わせた治療の方法を行う必要があります。手術する可能性もありますし、心臓の疾患に合わせた薬の服用が必要になっていきます。

胸痛の初診に適した診療科目

胸痛の専門外来

胸痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ