薬物性肝障害ヤクブツセイカンショウガイ

薬剤性肝障害とは、薬剤の使用が原因で起こる肝障害の総称です。中毒性肝障害、蓄積性肝障害、アレルギー性肝障害の3種類に分けられ、そのほとんどはアレルギー性肝障害とされています。症状としては、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛などの消化器症状、全身倦怠感、黄疸などが約半数の人にみられますが、特徴的な症状は発熱、発疹(薬疹)、かゆみです。薬剤を使用したあと、これらの症状があらわれた場合は、薬剤性肝障害が疑われます。

薬物性肝障害の初診に適した診療科目

薬物性肝障害の専門医

薬物性肝障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ