翼状片ヨクジョウヘン

翼状片はどんな病気?
翼状片とは、角膜に結膜が侵入してくる病気です。簡単に言えば黒眼に白眼が侵入してくるもので、通常は鼻側から侵入が始まりますが、鼻側と耳側の両方からしんがある場合もあります。原因は紫外線であると考えられ、症状としては、上記で述べた通りで、確認するためには鏡で目を見てみればすぐにわかります。痛みなどはなく、他に症状はありません。


翼状片の症状
翼状片とは、命にかかわる病気ではないので安心してください。まず、この病気の症状は、白目の結膜組織が増えすぎて、角膜まで進入してきてしまうことです。手術をしても再発の可能性が高いといわれています。眼科で細隙灯顕微鏡で検査をする必要があります。この病気の原因は、長時間紫外線などにさらされていることだと考えられています。最善の治療方法は、手術で切除することです。

翼状片の原因
翼状片の原因はまだはっきりと分かっていませんが、紫外線を浴びすぎると発症すると言われています。慢性的に目が紫外線を受けることによって、角膜の細胞の一部に活性酸素が発生して角膜に炎症が起きます。その後、炎症を修復することができずに慢性化してしまい、炎症が起きた細胞が変化して黒目の部分に白目が覆いかぶさると考えられています。

翼状片の検査と診断
翼状片の検査方法とは、一般的には外見をみることによって行うことになります。眼球を見れば、眼の中の白い部分、一般的には白目と呼ばれている組織が、そのまま成長して真ん中の黒目の部分にまで入り込んでいる、正確には覆い込んでいる、という状態を確認することができるのです。白目の白い部分が入る混むというのには、うっすらと入る場合や明確にはっきり入る場合があります。

翼状片の治療方法
翼状片の治療法は、点眼薬や切除手術によって行います。目に違和感を感じるのであれば、点眼薬を用いる事があります。しかし、この病因である結膜の増殖自体は悪性のものでないため、そのままにしていても支障はありません。ただし、結膜の増殖があまりに拡大していくと、角膜に影響して障害を残す可能性もあるため、手術によって切除しなければならないこともあります。

翼状片の初診に適した診療科目

翼状片に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ