ppaピーピーエー

ppaはどんな病気?
ppaとは純型肺動脈閉鎖という病気の英語での略称名です。この病気は全先天性心疾患の一つで、チアノーゼ性心疾患でもあり、肺動脈弁が完全に閉鎖してしまっていることで心臓の右心室や肺動脈弁輪が小さくなり、血液が上手く流れなくなったり、逆流して本来とは違うところに血液がはいりこんだりして、子供や乳幼児の成長の妨げとなる病気のことです。


ppaの症状
鼻炎用薬品を飲んだとき、頭痛や嘔吐感等に苛まれたことはありませんか。それは、薬に含まれているppaという成分による症状です。これは、私たちが緊張したときや激しい活動を行っているときに働く交感神経と呼ばれるものに働きかけるもので、これが原因で頭痛や嘔吐感、めまい、脳出血などが生じてしまうそうです。また、食欲が減退することも知られていますが、多用すると死亡するおそれがあるのでダイエットには不向きです。

ppaの原因
ppaとは、塩酸フェニルプロパノールアミンの略で、ヒトの交感神経を刺激する成分ですが、主に、鼻づまりの薬などの服用を原因としてその副作用を受けます。これによって鼻づまりを解消する効力がありますが、その反面、食欲が減退してしまう、脳出血を起こしてしまう、などの悪影響もあります。また、大量に服用してしまうと死亡に至るおそれがあります。

ppaの検査と診断
ppa:経口抗菌薬ピペミド酸は、赤痢菌などの最近や腸内の細菌感染に用いる抗菌薬です。この抗菌剤を使用して、回復する経過を観察する検査方法として、尿検査、血液検査による炎症反応の検査、排便回数、検便によって便内に有害な菌が残っていないかを判断していきます。このような検査で尿や血液が通常値の値を示し、便の中に菌が残っていなければ、完治したということになります。

ppaの治療方法
ppaは交感神経刺激剤であり、これによってさまざまな病気の治療法が開拓されてきました。風邪などを起こした時には、ウイルスや細菌などを殺菌することがdけいますし、また赤痢のような菌が原因となる重大な病気でも、この交感神経刺激剤の投与によって、対処療法ながらも抗菌作用があることが確認されています。また炎症にも効果的で、体内のさまざまな炎症部への直接塗布でも高い殺菌、滅菌効果を発揮しているのです。

ppaの初診に適した診療科目

ppaの専門外来

ppaに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ