幻覚ゲンカク

幻覚はどんな病気?
幻覚とは対象なき知覚ともいわれ、外部から刺激がないのに声を聞いたり、物が見えたり、におったり、味がしたり、さわられたりと体験することです。正常な人でも寝始めや起きる時には体験することがあります。外部からの刺激を誤って知覚するときは錯覚といい、区別されます。種類としては幻聴、幻視、幻触、幻臭、幻味などに分けられています。


幻覚の症状
幻覚とは、現実には起きていない現象、感覚などを体感してしまう症状のことです。具体的な体感現象としては、実際になっていない音や音楽、話し声などが聞こえたり、実際に目にしていない景色や人同士のやりとり、その他いろいろなことを体感するものを指します。認識しているのは当人だけであるのが一般的で、周囲の人間には把握しにくいです。

幻覚の原因
幻覚が発症する原因にはいくつかの種類があります。たとえば、禁止薬物を摂取した場合、その副作用として発祥することがあります。また、高熱や極端な不調により発症することもあります。いずれにしても、何らかのきっかけで脳が異常な状態になり、見えるはずのないものを見せてしまうのがこの症状です。そのほか、疲れなどからも発症するばあいがあります。

幻覚の検査と診断
日本に限らず多くの国で幻覚作用を引き起こす薬物は違法とされ、使用が禁止されていますが興味本位で使用してしまう人が後を立たないのが現状です。この薬の使用の有無を調べる検査方法としては、血液検査を行い、血中の違法薬物の濃度を調べることでほぼ100パーセント判定することができるのです。大手の検査会社に依頼すれば検査ができます。

幻覚の治療方法
幻覚の治療法とはその原因により変化します。まず人が幻を見てしまう可能性に毒物の摂取が考えられます。それは誤って毒キノコを食べてしまった場合薬物の摂取です。まず毒物や薬物は胃から吸収されて全身の血液にも回りますので、まず胃の中を洗浄する必要があります。それ以上の毒物や薬物の吸収を防ぐ為です。口から管を遠し、医療用の水を胃の中に流し込み洗浄します。

幻覚の初診に適した診療科目

幻覚の専門外来

関連部位から他の病名を探す

幻覚に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ