ラクナ梗塞ラクナコウソク

ラクナ梗塞はどんな病気?
ラクナ梗塞とは、穿通枝に直径1.5センチ未満の梗塞ができる小さい脳梗塞のことです。原因は、高血圧により動脈硬化が引き起こされることです。他にも、加齢・喫煙・糖尿病などの生活習慣病が上げられます。運動麻痺やしびれなどの感覚障害が起こりますが、小さな梗塞のため自覚症状がない場合もあります。これを無症候性脳梗塞と言います。脳の複数個所に発生し、少しずつ進行していく場合は多発性脳梗塞といいます。


ラクナ梗塞の症状
ラクナ梗塞は、はじめは自覚していないことが少なくはなく、会社や学校の定期健康診断、生命保険に加入する際に、血圧を測ってもらい、そこで高いと言われると気にする人が多いのが特徴の一つです。頭が重い・頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・夜眠れない・便秘を訴える人もいるが、高血圧自体が自覚症状を出現させているかどうかは不明なことも特徴なのです。

ラクナ梗塞の原因
ラクナ梗塞とは、脳の細い血管が詰まることによって引き起こされる脳梗塞のことです。その原因の多くが脳の細い血管が動脈硬化を起してしまうことでおきると医学的に解明されています。細い血管の梗塞であるため、血栓溶解剤などを用いれば簡単に治療できるのですが、複数回に渡り何箇所もこの梗塞が起きると認知症などを引き起こす可能性があります。

ラクナ梗塞の検査と診断
ラクナ梗塞の検査方法では、CT撮影や、MRIなどの専門的な医療機器を用いた検査が必要になります。この病気の検査では病変に対する検証が必要で、この症状と類似した診断所見を示す病気もあるために、この病気の診断は容易ではありません。その為、この症状を正確に把握する為には、最新の医療機器を用いての検査が必要になるのです。この検査では脳神経外科や神経内科の専門医の診断が必要です。

ラクナ梗塞の治療方法
ラクナ梗塞の治療法は、主要なものとして抗血小板療法によって行われます。アスピリンなどの薬剤を処方することによって、脳梗塞の原因の解消を図ります。この脳梗塞のタイプでは、比較的病状が軽い事が多いため、血栓防止の効果がある薬剤や、あるいは血管拡張作用を期待できる薬剤を投薬することによって、脳梗塞の病状を改善の方向へと導きます

ラクナ梗塞の初診に適した診療科目

ラクナ梗塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ