腸閉塞チョウヘイソク

腹腸閉塞には、腸管の中がふさがる機械的閉塞と、腸の蠕動運動が低下する機能的閉塞(麻痺性腸閉塞)があります。機械的閉塞はヘルニアや腹部手術による腸の癒着などが原因で、ねじれや折れ曲がりがおこったり、また、腫瘍などで腸管内部がふさがれてしまうものです。機能的閉塞は、腸の運動をつかさどる神経の異常や炎症によって腸管の蠕動運動がとまり、消化物が肛門へスムーズに移動できない状態です。これは炎症性の腸疾患などが原因でおこります。通常、口から入った空気は肛門からガスとして排出されたり、血液中に吸収されて腸からなくなります。しかし、腸閉塞では腸管の運搬と吸収の機能が低下しているため、腸管内には胃液、腸液などの消化液やガスなどがたまり腸管が膨らみます。 症状は激しいけいれん性の腹部激痛がおこります。そのほか嘔吐や便秘、腹部膨満、発熱、頻脈などがおこります。ひどいときには腸が動かないので、ふん便様の汚物を吐くこともあります。

腸閉塞の初診に適した診療科目

腸閉塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ