皮膚炎ヒフエン

皮膚炎はどんな病気?
皮膚炎は発症する因子が様々に存在しており、発症しやすい体質の人も少なからずいます。主に外気中に漂っている細菌が皮膚に付着し、繁殖することによって発症することが多いとされています。最も効果的な予防法としては、普段から皮膚を清潔な状態に保つことが挙げられ、入浴などによって皮膚をきれいな状態に維持していくことが望まれています。


皮膚炎の症状
皮膚炎とは皮膚に起こる炎症で紅斑、水泡、膿泡などの症状が表れます。原因は皮膚に細菌が侵入したりアレルギー反応によるものです。細菌に対して免疫機能が働いている状態が炎症として表れたり、ほこりや花粉などに対して免疫機能が過剰反応を起こした結果炎症として表れます。炎症の原因が分からない場合は皮膚科などで検査、診断をしてもらうほうがいいでしょう。治療法はビタミン剤等の薬物療法が一般的です。

皮膚炎の原因
皮膚炎の原因は、炎症を起こした部分から推測する事が可能です。腕の肘部分が湿疹になっていたら汗で被れた事がわかります。首や腕に金属製の装身具を付けていて、赤く腫れていたら金属アレルギーである事が濃厚です。体全体に湿疹があるようでしたらボディソープ・衣服の柔軟仕上げ剤や洗剤が理由であると考えられます。それ以外の箇所は、化粧品・植物アレルギーによる皮膚疾患の可能性があります。

皮膚炎の検査と診断
皮膚炎の検査方法とは、まず医師の問診に答えます。いつからどのような形で皮膚に炎症が起きたのかです。皮膚の炎症にも様々な症状があります。水泡がでていたり、患部が乾燥していたりです。それにより皮膚がカビや菌で侵されている可能性がある場合は、皮膚の組織を少しだけ採取して顕微鏡で見る検査も行われます。原因を突き止める為には感染の有無を検査します。

皮膚炎の治療方法
一般的な皮膚炎の治療法については、基本的にステロイドなどの外用薬を使い、用法と用量を守って患部に塗布します。また、飲み薬を使ったかゆみ防止の効果をはかるものや、生活のリズムを保つための生活改善などの療法もあります。皮膚が乾燥してしまうと、外部からの刺激に弱い場合は悪化することもあるので、こまめなスキンケアが大切になります。

皮膚炎の初診に適した診療科目

皮膚炎の専門外来

皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ