貨幣状湿疹カヘイジョウシッシン

貨幣状湿疹はどんな病気?
貨幣状湿疹とは虫刺されや乾燥、細菌感染によって10円玉くらいの丸い湿疹ができる病気のことです。放っておくと細かい赤い丘疹が全身にあらわれ、ひどい痒みを伴います。急性アレルギー皮膚炎と呼ばれることもあります。治るまで半年くらいかかるため治療に根気がいります。ステロイド・非ステロイド外用剤や抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤を内服するのが一般的な治療法です。


貨幣状湿疹の症状
貨幣状湿疹の典型的な症状の現れ方として、かゆみを伴う紅色の丘疹が次第に大きくなり四肢や体幹、腰殿部などにコインの大きさほどの湿疹が広がっていきます。このとき場合によっては水ぶくれができます。病状が進むと皮膚組織がはがれ、患部の表層から体液が出て湿潤状態となりその後乾燥してかさぶたとなります。脛に発症することが多く強いかゆみを繰り返します。

貨幣状湿疹の原因
貨幣状湿疹の原因は、肌の乾燥によるものです。肌が通常以上に乾燥し、その結果炎症による湿疹の症状が見られるようになります。そうした皮膚の炎症が大きな貨幣状に広がることにより起きます。乾燥した季節になりやすいのが特徴です。他にも、金属などのアレルギーといった他の炎症を引き起こす要因によっても、このような皮膚の炎症の病状が表れることもあります。

貨幣状湿疹の検査と診断
貨幣状湿疹の検査方法とは、その名の通り貨幣状の湿疹ができていないかどうかを診ることによって判断できるようになっています。たとえばこうした病気になっている人は、体中にコイン大の湿疹ができていますので、それを診るだけでもすぐにわかるのです。加えて、その患部の細胞を切り取って、そこからきちんとウイルスなり細菌がでてくるかどうかを検査するという方法もあります。

貨幣状湿疹の治療方法
貨幣状湿疹の治療法は、スキンケアや外用薬の塗布、さらに食生活の改善です。肌を清潔に保つよう心がけることによって、肌の炎症などの原因を取り除きます。また、抗ヒスタミン剤やステロイドなどの外用薬を用います。さらに、この病状を引き起こす可能性がある食品が関与している場合は、摂取を控えるなどの方法によって病気の治療を進めていきます。

貨幣状湿疹の初診に適した診療科目

貨幣状湿疹の専門外来

貨幣状湿疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ