おしるしオシルシ

おしるしはどんな病気?
おしるしとは、妊娠後期の女性に起こる出産の合図と呼べる現象です。子宮口が収縮、または開くなどの動きによって卵膜がはがれ出血し、卵管から分泌される粘液とともに出てくるものを言います。
個人差があり、出血がごくわずかな場合、逆に鮮血で量も多いという方もいます。
症状が見られてすぐに病院に行く必要もありませんが、出血が止まらない、体調がおかしいと感じたらすぐに病院に連絡しましょう。


おしるしの症状
おしるしがくると、一般的に、ピンク色や茶褐色のおりものが出てきます。これは少量の血性のおりもので、出てきてから約数日間以内には陣痛がくるかもしれないという印です。
痛みはなく、生理の始まりや終わりのような粘性のあるおりものが出てくる場合もあります。
しかし、その症状は人によって千差万別であり、色や血の混じる量なども人によって違います。

おしるしの原因
おしるしはお産が近づき、少し子宮口が開いたり子宮が収縮したりすることによって卵膜が剥がれるため、少量出血します。
よく妊婦検診のあとにみられることがありますが、これは内診が原因の可能性がありますので、気をつけましょう。

おしるしの検査と診断
おしるしとは、お産が近づいてきた頃、少し出血をすることです。陣痛がきていたり、破水していなければすぐに病院に行く必要はありません。
出血の量が多かったり、お腹の張りや激しい痛みが続くときは、おしるし以外のトラブルが起きている可能性もあるので念のために病院へ連絡しましょう。

おしるしの治療方法
おしるしに治療法は、ありません。出産が近づいてくると、子宮口が開き始めます。そのときに血液が混じったおりもののような液体出るのです。出産が近づいている証拠と言えます。そのあとに陣痛や破水に繋がることもありえます。
もし、この症状が来たら、もうすぐ出産の合図ですの、心構えや出産の準備をすることをしておきましょう。

おしるしの初診に適した診療科目

おしるしの専門外来


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ