アデノイド顔貌アデノイドカオカタチ

アデノイド顔貌はどんな病気?
アデノイド顔貌とは、喉と鼻の奥にある、アデノイドが口呼吸をすることにより肥大し顔全体が歪んだりたるんだりしたような特徴ある風貌になることをいいます。一般的に、アデノイドが肥大していなくても、口呼吸をする習慣がある子供は同じような顔つきになるので、このように呼ぶことがあります。顔つきは面長で、上唇が厚ぼったく、乾燥していて、上顎の前歯が飛び出してきます。


アデノイド顔貌の症状
アデノイド被大の症状のひとつにアデノイド顔貌があります。アデノイド被大の患者は、口呼吸になるために常に半開口状態となり、顔面筋が弛緩したような状態になります。また、硬口蓋がドーム状となり不正咬合や歯列不正、鼻唇溝の消失、両内眼角の幅が広く鼻根部が低く外鼻孔が細くなるなどの機械的障害を現します。アデノイド被大は、多くは8歳以降に縮小し次第に目立たなくなります。

アデノイド顔貌の原因
アデノイド顔貌の原因は、口呼吸を常に行うことによって、喉と鼻の奥にあるアデノイドが大きくなることで起こってきます。口呼吸は、体に対して多くの悪影響をもたらします。その一つとしてこの病状が挙げられます。本来の呼吸法としては、鼻呼吸を行うべきです。しかし、口呼吸が習慣化してしまうことによって、アデノイドの肥大化を招くことになります。

アデノイド顔貌の検査と診断
アデノイド肥大の検査方法は、上咽頭ファイバースコープ、後鼻鏡検査などの内視鏡検査を行います。より詳しく調べるには側面からのエックス線検査によってアデノイド肥大の程度を画像診断します。また、アデノイド肥大の患者は「アデノイド顔貌」と呼ばれる独得の顔つきになることがあります。これは、内視鏡、レントゲン検査と併せて診断に当たっての判断材料となります。

アデノイド顔貌の治療方法
アデノイド顔貌の治療法は、おしゃぶりを変える時期や呼吸法の改善などで、可能な場合があります。他にも歯の矯正で対処できるケースがあります。幼少期の場合は、おしゃぶりの利用時期を伸ばしたほうが治療効果は出やすいです。ただし完全な治療方法ではないため、効果があるかどうかは人によって違いますし、他の方法の方が良い場合もあります。

アデノイド顔貌の初診に適した診療科目

アデノイド顔貌の専門外来

アデノイド顔貌に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ