八味地黄丸ハチミジオウガン

八味地黄丸はどんな病気?
八味地黄丸とは漢方薬の中でも、漢方の原点といわれるものに属するものです。どんな方に効き目があるかというと、体が弱く、下半身や、生殖器に虚弱のある方に効用があります。具体的に、疲れやすい、腰が痛む、小便の出が悪い、尿漏れなどに効用があります。医学的には、腎炎、ネフローゼ、更年期障害、副腎皮質機能改善、アレルギー性喘息などにも効果があります。


八味地黄丸の症状
八味地黄丸とは、いわゆる漢方薬のことです。この漢方薬は下腹部の症状に適応しています。例えば、糖尿病、動脈硬化、ネフローゼ、腰痛、尿漏れなどがある場合に用いられます。その他にもさまざまな事に応用できる漢方薬です。しかし、摂取し過ぎると発疹や発赤、かゆみ、さらには消化器にも影響が出る恐れもあるので、適量を摂取することが望ましいです。

八味地黄丸の原因
八味地黄丸はは、老人性白内障を原因となっているものに効く薬となっています。白内障になってしまう理由は老化であり、その老化をやわらげるのがこのくすりの仕事なのです。古くなって汚れた血液や体内の水分がずっと残り続けることで白内障になってしまうので、この薬を利用して、血液を新しくする循環を促進してあげるということがなされているのです。

八味地黄丸の検査と診断
八味地黄丸が適応となる病気には、さまざまな検査方法があります。多尿、頻尿の場合は腎臓の機能に異常がある場合が考えられるため、尿検査で尿中のタンパクを測定したり血液検査で腎機能を調べます。膀胱炎の場合は細菌感染を調べるため、尿検査をおこないます。男性の頻尿では前立腺肥大が考えられるため、超音波検査や直腸内の触診をおこないます。

八味地黄丸の治療方法
八味地黄丸の治療法は、治療薬、漢方薬、食事療法などがあります。人によって、かなり治療方法は異なる傾向にあり、場合によっては治療薬で副作用が出るケースもあります。いろいろな発症パターンがあり、パーキンソン病と併用して発症することもあります。完治するのが難しいケースも多いため、完治よりも改善治療を試みる場合も多くあります。

八味地黄丸の初診に適した診療科目

八味地黄丸の専門外来

八味地黄丸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ