水痘スイトウ

水痘はどんな病気?
水痘(すいとう)とは、ウイルス感染症の一種で、一般的には水疱瘡(みずぼうそう)として知られています。症状になりやすい時期としましては、十二月から七月の間で、とくにかかりやすい年齢は九歳以下の子供となります。症状として全身に四ミリ前後の丘疹(きゅうしん)ができ、およそ二週間程度症状がでます。予防としては、ワクチン摂取が第一選択となります。

水痘の症状
水痘にかかると、およそ2週間ほどで、全身に盛り上がった紅い発疹があらわれます。成人がかかった場合、発疹の出現の前に、発熱などの風邪と似た症状がまず現れます。発症から三日目ごろが一番ひどく、だいたい1週間ほどで治癒します。発疹は、水疱→膿疱→痂皮と順番に変化してゆき、すべてが痂皮になった時に治癒したことになります。体があたたまるとかゆみが増すため、お風呂や暖房などには気をつける必要があります。

水痘の原因
水痘とは、世間一般では水疱瘡と言われているもので、空気感染や飛沫感染や接触感染などによって、ヘルペスウイルスの一種であるウイルスが初感染することが原因で発症します。その感染力は非常に強く、集団生活の場や家庭内で感染する確率が高く、一人の患者の発症から多くの人に感染します。また、発症1~2日前の人からも容易に感染します。

水痘の検査と診断
水痘がおきてしまった場合の検査方法は、症状や2~3日の経過から見ていきます。検査の方法としては血液検査をおこなっていきます。血液検査でみていくものは、ウイルスがあるかどうかの検査になっていきます。また湿疹がでているかどうかを問診と視診によって検査していくという方法が一般的なものになっていきます。また抗体検査もおこないます。

水痘の治療方法
痒みをやわらげてくれる効果がある軟膏を塗ることで、水痘の痒みを緩和させる事が出来ます。軟膏を塗る時は、綿棒や清潔な布を使うと細菌感染の危険性がなくなります。頭痛がある場合は漢方薬を服用すれば、体に負担をかけることなく頭痛を治すことが出来るので便利です。抗生物質を利用した治療法なら、発熱と痒みを効果的に治すことが出来ます。

水痘の初診に適した診療科目

水痘に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ