慢性便秘マンセイベンピ

慢性便秘とは、大腸内に便がとどまり、数日以上も便通がない症状(=便秘症)が日常的に起こるものです。慢性の便秘とは、旅行などで食事や生活環境が急に変化して起こる一過性の便秘ではないものを指します。症状は個人差が強く、一般的には不快感、腹部膨満感、腹痛、食欲不振などです。 慢性便秘の原因が病気である場合は、その病気の治療を行うこと、それ以外の場合は、食生活の改善や規則正しい排便習慣などにより完治します。

慢性便秘の初診に適した診療科目

慢性便秘の専門外来

慢性便秘に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ