十二指腸潰瘍ジュウニシチョウカイヨウ

十二指腸潰瘍はどんな病気?
十二指腸潰瘍とは皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちます意味で「消化性潰瘍」とも呼ばれています。症状はみぞおちから上腹部右側当たりの腹痛、背中の痛み、吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少、吐血、下血、口臭、すっぱいげっぷ、胸やけなどです。症状が起きやすい時間帯ですが、夜間や空腹時に起こり、食事をしますと一時的に症状が治まります。


十二指腸潰瘍の症状
十二指腸潰瘍は別名を消化性潰瘍といいます。中には自覚症状を全く欠くものもありますが、おおくは上腹部痛を訴えます。消化性潰瘍の際に発現する腹痛は食事との関連が強く、特にこの疾患では空腹時や夜間に心窩部痛や背部痛を訴える人が多くいます。この痛みは食事摂取によって軽快します。このほか、吐き気・嘔気・胸やけ・腹部膨満感などを訴える事があります。

十二指腸潰瘍の原因
十二指腸潰瘍は、約9割がヘリコバクターピロリ菌の感染が原因だとされています。ピロリ菌は、口から入って感染すると言われており、慢性胃炎となった後その一部が慢性胃腸炎となります。睡眠不足や過労、緊張や不安などからくる肉体的、精神的ストレスや飲酒、喫煙、暴飲暴食、刺激の強い香辛料や熱すぎたり冷たすぎる飲食物の摂取も胃腸に負担をかけます。

十二指腸潰瘍の検査と診断
十二指腸潰瘍の検査方法は、1つ目はバリウムを服用してからだをいろいろな向きに向けて潰瘍の大きさ、周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察するレントゲン検査が行われます。2つ目は内視鏡を用いて、潰瘍の進行度や深さの診断、ピロリ菌の有無、他の病気と区別するために行われる内視鏡検査が行われます。同時に検査のために細胞を採取したり、出血に対する処置も行われる場合があります。

十二指腸潰瘍の治療方法
細菌を殺菌する効果がある抗生物質を服用すれば、初期の段階の十二指腸潰瘍を治すことが出来ます。ストレスが溜まらないように気をつけることで、症状の悪化を防ぐ事が出来ます。アルコールとタバコを控えることで、治療を早める事がで出来るというメリットがあります。胃酸の分泌を抑える漢方薬を使った治療法もあります。漢方薬なら副作用がありません。

十二指腸潰瘍の初診に適した診療科目

十二指腸潰瘍の専門医

十二指腸潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ