当帰芍薬散トウキシャクヤクサン

当帰芍薬散はどんな病気?
当帰芍薬散というのは、漢方薬の一種の事を言います。低血圧や不眠症、腰痛や頭痛など日常的に現れる症状に対して非常に効果が高く、よく足や顔が浮腫む人に対しても改善効果が見られます。身体に対する慢性疲労に対して有効であり、滋養強壮の効果が非常に高いので虚弱体質の人に対して定期的に利用していると健康的な身体を手に入れることができるようになります。


当帰芍薬散の症状
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は漢方薬の1種で、血行を促進して体を温め、貧血症状を改善する役割を果たします。また痛みを和らげたりホルモンバランスを整えるのにも効果があります。この薬は「女性の聖薬」という別名を持ち、古代中国でも古典書物に紹介されているほど有名な薬です。それだけあって、体の疲れ、冷え症、貧血、生理痛、不妊症、むくみ、更年期障害など幅広い分野で使用されています。

当帰芍薬散の原因
当帰芍薬散というのは女性向けの漢方薬です。主に、月経異常や月経痛更年期障害を抱えている人に処方されるものですが、これを原因として副作用というのもまたあります。具体的には、胃に不快感を感じる、吐き気がする、下痢をしてしまう、発疹してしまう、肝臓の機能に異常が見られる、などが報告されています。弱い体質の人は、特に副作用にかかりやすいと言われています。

当帰芍薬散の検査と診断
主に婦人科系の病気に使われる当帰芍薬散ですが、その適応となる病気の検査方法について説明します。冷え性や生理不順、生理痛では医師の問診がもとになります。貧血では血液検査をおこない、血中のヘモグロビン濃度を調べます。むくみは腎臓の異常が原因で起こる可能性もあるため、血液検査で腎機能を調べます。めまいや頭痛では、CTやMRI検査によって脳に異常がないかを調べます。

当帰芍薬散の治療方法
めまいや更年期障害を治すことが出来るので、当帰芍薬散は便利です。めまいの治療だけでなく、貧血や不妊症を治すことが可能です。月経の異常や月経痛などの女性がかかる病気を治す効果があります。副作用がほどんどないので、安全な治療法で不妊症を治したいと考えている人も安心して服用することが出来ます。冷え性や肩こりの改善にも使えます。

当帰芍薬散の初診に適した診療科目

当帰芍薬散に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ