疼痛トウツウ

疼痛はどんな病気?
疼痛とは、痛みを表しています。例えば、ずきずき、ジンジン、ピリピリ、チクチク、ヒリヒリと言ったような痛みを表します。また、痺れの強いもの、焼けるような感覚、痛みをも伴う冷え、だるい感じ、突っ張りや、気持ち悪き感じの脱力感のある重みの痛みなど、本人にとって不快に感じるような痛みや違和感的な不快な気持ち悪い神経過敏を言います。


疼痛の症状
まず、疼痛とは何なのかとわからない方も多いと思います。いわゆる、痛みのことで、医療現場で使われている専門用語のひとつになります。全身の部位に関わらず、痛みを伴う症状に対して使われます。痛みは、体の様々な場所で現れ、全ての痛みに対して、何らかの原因は存在しており、神経はつながっていることから、痛みが拡大し広範囲に広がる場合もあります。

疼痛の原因
疼痛が発生する原因は骨、関節によるものや神経圧迫に起因するものなど様々あります。いずれにしても、痛みの感覚は何らかの侵害刺激に対して身体組織の構造や機能が正常な状態から逸脱していることを伝えるものだと捉えられます。この痛みは受容器、神経伝導路、中枢という経路上で起こり、この経路のいずれかに刺激が加わることで痛みとして知覚されます。

疼痛の検査と診断
疼痛の検査方法とは一般的に、まず、痛みの程度がどれくらいなのかを尋ねることから始まります。医者に自分の痛みがどの程度でどのように痛むのかを伝えることが大切なのです。その後は医者がその伝えた痛みのレベルに応じて、適切に対処をしてくださいますので、この病気の検査は手軽に、そして簡単に行うことができるので非常に便利な検査です。

疼痛の治療方法
疼痛の治療法は患部を温めることが基本で湯たんぽや温熱器を当てて温めてやります。腹部が痛む時は前屈姿勢になったまま寝て痛みの緩和を図ります。内蔵に疾患がある場合や糖尿病などの住宅な場合を除けば痛みは自然に和らいでいきますが、傷みが緩和しない時はモルヒネや鎮痛剤を患部に注射します。鎮痛剤はどうしても痛みが治まらない時にのみ用いられます。

疼痛の初診に適した診療科目

疼痛の専門外来

疼痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ