手湿疹テシッシン

手湿疹はどんな病気?
手湿疹は水仕事をする、主婦や女性に多くみられ、また仕事によることも多く美容師、理容師、調理師などの職種の方も悩んでいる方が多い症状です。早めに発見し、皮膚科にかかり外用薬を用いるのが一般的ですが、ステロイド系、尿素配合の軟膏、ワセリン配合の保湿薬などが用いられ、1種類に限らず、何種類か合わさったものを処方される場合もあります。


手湿疹の症状
手湿疹は、主婦湿疹とも言われます。特に家事などで水仕事の多い主婦や、女性の手に湿疹や、びらんなどが現れる症状で、かゆみを伴うことが多いです。また、ひどくなると亀裂が生じ、痛みを伴うこともあります。冬場に悪化することが多いので注意が必要です。水仕事の後は、水気をよく拭き取り、ハンドクリームなどの保湿剤を塗布するなどで予防できます。また刺激の強い洗剤の使用は避けたほうがいいです。

手湿疹の原因
手湿疹の原因はまだ明確に特定されていないのが現状です。しかし、この疾患を引き起こしやすい環境・状況があります。その環境としては、水を扱うことが多い環境が挙げられます。また、普段から洗剤を使用する環境下にある人はこの疾患である場合が多いです。洗剤もまたこの疾患を引き起こすのに一定の影響力を及ぼしているのです。乾燥肌やアトピー体質の人にもこの疾患が多く、こうした体質では引き起こされやすくなるのです。

手湿疹の検査と診断
手湿疹は、主婦の手の酷使によるものや、アレルギー反応、内臓の病気などの原因を特定する検査が必要です。検査方法は、まず湿疹が外部刺激でできたものであるか問診と観察をします。主に皮膚科で検査をしますが、内臓の病気からきていることが疑わしい場合は、必要に応じて尿検査や血液検査、他の診療科や大きな病院を紹介することがあります。

手湿疹の治療方法
手湿疹の治療法としては、皿洗い等の水仕事やお風呂でシャンプーした後に小まめにワセリンやハンドクリームなどの保湿外用剤を塗り、洗剤やシャンプーで失われた油分と水分を補います。保湿外用薬で一向に良くならない場合、痒みがある場合は、皮膚の炎症に対し、ステロイド外用薬を使います。手のヒビやかき傷には亜鉛華単軟膏を布に伸ばして貼るなどの治療を行います。

手湿疹の初診に適した診療科目

手湿疹の専門外来

手湿疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ