嘔吐オウト

嘔吐はどんな病気?
嘔吐の症状が起きた場合、様々な要因を潜んでいる場合があるので、同時にどんな症状を伴なっているのかが病気の判断に大変重要になります。胃痛だったり、頭痛、別の症状のない場合にも、ストレスからきている場合、自律神経に異常をきたした場合にもがおこることがあります。最近の生活の状況も知ることで、原因はかなり絞られて、治療法もみえてきます。


嘔吐の症状
嘔吐の症状は、簡単に説明すると口から胃の中の内容物を吐き出してしまう事を言います。これは病気ではありませんので男女問わず多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか少し気持ち悪くなったりしたときなどによく吐いたりしている人などを見たことがあるかと思います。その他には、胸やけなどをしたときなどにも気分が悪いので吐いたりすることもあります。

嘔吐の原因
嘔吐の原因としては、大きく分けて、中枢が刺激されることによって起こる場合と胃腸への直接的な刺激によって起こる場合があります。具体的にはストレスや内臓の病気、ただ単に気分が悪くなったときに起こるものなどが挙げられ、様々なありとあらゆる要因によって引き起こされます。吐き気を感じる場合は、消化器に問題があることがほとんどですが、吐き気を感じないまま突然吐いてしまう場合は、脳神経の障害が考えられます。

嘔吐の検査と診断
「嘔吐」した場合、まずは吐物を調べます。異物・薬物・血液の混入などの吐物の中身、臭い、色などを観察します。その後、腹部所見や中枢神経所見を行います。検査方法としては、症状が続く患者に対してはルーチン検査(検血、検尿、検便、胸・腹部のX線検査、心電図など)を行い、消化器疾患が疑われる場合、腹部超音波検査、消化管造影、内視鏡検査が必要となります。

嘔吐の治療方法
嘔吐の治療法は手術とかをしなくていいのでとても気持ちが楽です。消化管の運動を助けてあげる治療が必要にまります。治療薬があるのでそれを利用した治療になります。薬を飲んでCTZのD2受容体を遮断することで治療することができるのです。消化管運動を促進してくれる効果も薬にはあるので症状を緩和しつつ消化管を正常に戻す治療をしていきます。

嘔吐の初診に適した診療科目

嘔吐に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ