胃潰瘍イカイヨウ

胃潰瘍はどんな病気?
主に胃酸が原因となって起こる胃の腫瘍を胃潰瘍と呼びます。ストレスや飲酒、喫煙、カフェインや塩分のとり過ぎが原因で、胃の中の粘膜保護作用が低下した結果、胃酸中の塩酸やペプシンが胃の粘膜を消化してしまうことで起こります。以前は治療に手術を必要としていましたが、現在は内服薬のみで治療をすることも多くなりました。男性に多い病気ですが、更年期の女性にもみられます。


胃潰瘍の症状
胃潰瘍は、ご存知の方も多いようにストレスなどから腹痛を引き起こす病気です。みぞおちあたりに痛みを感じる人が多く、嘔吐や食欲不振などの症状もあらわれます。さらに、便に血が混じると黒い便が出てきます。腹の痛みは食後に感じる人が多いと言われています。ストレスの他にも、コーヒーを飲み過ぎても潰瘍ができると言われており、コーヒーを飲むとお腹が痛くなる人は注意したほうがよいでしょう。

胃潰瘍の原因
胃潰瘍がなぜ発生するのかというと、それはいくつかの原因が考えられます。もっともよく知られているのが、いわゆるストレスです。ストレスによって、胃の表面に存在する粘膜が消化されてしまい、それによって潰瘍ができてしまうというメカニズムです。ストレスによってなぜ粘膜が消化されてしまうのかという点については、はっきりと明らかになっていません。

胃潰瘍の検査と診断
胃潰瘍の検査方法には、おもにレントゲン検査と内視鏡検査があります。レントゲン検査ではバリウムを服用後にX線撮影をおこない、胃壁の状態を総合的に検査します。内視鏡検査はいわゆる胃カメラと呼ばれるもので、食道から胃の内部に内視鏡を通し、潰瘍の状態を詳しく検査します。胃壁の細胞を採取することで潰瘍の原因となるピロリ菌の有無も検査することができます。

胃潰瘍の治療方法
胃潰瘍の治療法は複数が挙げられます。まず、ストレスが原因で急に発症した場合はストレスとなっている原因を取り除く事が大変重要となります。飲酒・喫煙・刺激物の過剰摂取が痛みの理由となっている時は、痛みの理由となる物質の摂取を避ける事が大切です。なお、再発がしやすい病気となりますので、長期にわたって胃を健康にするための薬を飲み続ける必要があります。

胃潰瘍の初診に適した診療科目

胃潰瘍の専門医

胃潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ