漏斗胸ロウトキョウ

漏斗胸はどんな病気?
漏斗胸とは、胸骨の中央がへこんでいることであり、男児に多い病気です。肋骨と胸骨の間の軟骨が通常よりも長いために、胸骨が押されてくぼみができます。よく見ないとわからない程度のものなら日常生活は問題ありませんが、ひどい場合には心臓や肺が圧迫され、それにより心臓の位置が変わったり、肺活量が低下するなどといった症状が起きることがあります。


漏斗胸の症状
漏斗胸とは、胸の真ん中の辺りが奥にへこんでいます。症状の軽い場合は、見た目にもあまり気にならない程度ですが、酷いものではえぐられたように大きくへこんでいる方もいます。これによる体の異変はありませんし、日常生活にも何の問題もないです。異常と言えるのは見た目だけだと言えます。見た目以外は普通の方となんら変わりはないのです。

漏斗胸の原因
「漏斗胸」の原因は、子宮内での圧力上昇による先天性の横隔膜の形成異常で、胸骨が牽引された事で引き起こされる胸郭の変形よるものであるという説と、肋骨や肋軟骨が後方に過剰発育する形成不全によるものであるという説があります。また、遺伝によるものであるという説もあります。こういったいくつかの説があるように、実際のところ明確な特定はされていません。

漏斗胸の検査と診断
漏斗胸の検査方法はいくつかあります。典型的な症状の場合は、心電図の検査で診断を行うことが可能ですが、他にも胸部のX線写真をとることによって肋骨の角度を診たり、胸部のCTをとって胸郭の形や心臓の位置をチェックすることで症状の確認を行うこともあります。更に状況に応じて心エコーの検査や心臓カテーテルの検査、呼吸機能の検査や胸部モアレ検査などを行う場合もあります。

漏斗胸の治療方法
漏斗胸の治療法は年齢によって変わってくるのでしっかりと見極めなくてはなりません。確実に治す方法は手術をすることしかありません。肋骨と肋骨の間にバーを入れてへこんでいる部分を持ち上げるのです。しばらくの間バーを入れておくことになるのですがいつかは抜くことができるので安心です。バーを入れること自体は比較的短い時間で終わります。

漏斗胸の初診に適した診療科目

漏斗胸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ