odオーディー

odはどんな病気?
odとは薬物を過剰に摂取することです。自殺、自傷行為、現実逃避を目的に繰り返して行ってしまう傾向があります。繰り返し過剰摂取してしまうと肝臓や腎臓など内臓の機能低下などの悪影響を与えてしまいます。最近では医師から処方された向精神薬を過剰に摂取する例が増加しています。それによって精神疾患患者に対する精神安定剤や睡眠薬などを大量に処方することが問題視されています。


odの症状
odとは、起立性調整障害と呼ばれるものです。症状としては、朝起きられない、立ちくらみ、全身倦怠感、立っていると気分が悪くなる、食欲不振、失神発作、動悸、頭痛、イライラしている、集中力が低下している、夜になると寝付けないなどです。この病気は思春期の子供に起こりやすく、上に記したものが頻繁に出る子供には、この可能性を疑ってみる必要があると思われます。

odの原因
odは、ストレス社会から現実逃避するため、自殺意図、または快感を得たいという気持ちが原因となって引き起こされます。正式にはオーバードーズといい、薬物を一度に大量に摂取する事です。大量に摂取すると頭がぼーっとする、強烈な酩酊感に襲われるなどといった状態になります。ストレスやショックを抱えている人が、それを一時的でも忘れたいがために何度も繰り返して癖になってしまうパターンが多いです。

odの検査と診断
odと呼ばれる起立性調節障害の検査方法としては、まず病院に行って起立性調節障害の症状の可能性があると判断されたら、血液検査や検尿、胸部のレントゲンや心電図をとるなど、あらゆる検査を行います。これによって起立性調節障害をみつけるのではなく、これらに異常があれば別の病気、異常がない場合はこの病気の可能性が高いという判断のための検査になります。

odの治療方法
odの治療法は、軽症と中等症以上で異なります。軽症の場合、仮病や怠け者と思われることを避け、患者の心理的負担を軽減するために、担任教師など身の回りの人物に事情を説明することがまず必要です。そして一日の水分摂取量を最低1.5リットル以上、塩分摂取量を最低10から12グラム以上摂ること、早寝早起きをすることなどから、症状の軽減が見込めます。中等症以上からは、薬物療法も考慮されます。

odの初診に適した診療科目

odに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ