急性咽頭炎キュウセイイントウエン

急性咽頭炎はどんな病気?
急性咽頭炎は、ふつう発熱や全身の違和感、咽頭痛をおもな症状とするのどの病気です。原因は色々あり、ウイルス、細菌などの感染の他、物理化学的刺激や重金属剤の投与などにより起こるものもあります。麻疹、しょうこう熱、肺炎、百日咳や風邪の初期症状として出ることもあります。時に耳の痛みを訴えることもあり、食物を飲み込む時に強くなる特徴があります。

急性咽頭炎の症状
急性咽頭炎は、風邪でのどが痛い時の一番多いのが原因の一つです。口の中の口蓋垂と扁桃やその周辺と口の突き当たり(咽頭後壁)が赤くなってしまいます。37~38度の熱が出てしまうのことが多いです。喉頭に炎症が広がってしまうと、声がれや嚥下障害や嚥下痛を伴うのも症状の特徴です。一般にウイルス感染と細菌の混合感染が原因で起こることが多いのです。

急性咽頭炎の原因
急性咽頭炎の原因にはアデノウイルスやコクサッキーウイルスのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌いわゆる溶連菌によるものや、クラジミアや結核菌、梅毒トレポネーマなどの特殊な病原体による感染や、インフルエンザ菌の細菌感染などがあります。また刺激の強いガスなどを吸ってしまったなど物理化学的な刺激によって発病することもあります。

急性咽頭炎の検査と診断
急性咽頭炎は、風邪により引き起こされる場合やウイルスにより引き起こされる場合など様々ですが、いずれも咽頭が赤く腫れる、白いポツポツができるなど比較的わかりやすい症状です。検査方法は、医師による症状の目視での判断や、唾液や鼻汁などを採取し、原因を調べる検査があります。また、症状が重い場合、血液検査を行って炎症の値を調べることが一般的です。

急性咽頭炎の治療方法
急性咽頭炎の治療法は、ルゴール液や抗生物質や副腎皮質ホルモンの入った薬の吸入が有効的です。もっとも、自然治癒することが多いので、安静していれば薬を服用しなくても治る場合は多いです。無理をしないことがもっとも重要であり、栄養を取り、休息を取ることを心がけると良い傾向にあります。軽度な場合であれば、病院へ行くまでもなく完治します。

急性咽頭炎の初診に適した診療科目

急性咽頭炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ