陰嚢水腫インノウスイシュ

陰嚢水腫はどんな病気?
陰嚢水腫とは、睾丸(精巣)が入っている陰嚢内に水がたまる病気です。出生直後か、しばらくしてから起こることが多く、陰嚢が大きく膨らみ触るとぶよぶよしますが、痛みはなく、目で見てはっきりと異常がわかります。1歳頃までには、分泌液は自然に吸収されほとんどが治ります。しかし、陰嚢が異常に大きい場合や、3歳を過ぎても腫れが引かない場合は手術を行うこともあります。

陰嚢水腫の症状
男の赤ちゃんに現れる事が多い陰嚢水腫の症状は、男性器の精巣が収められている袋の部分に水分が溜まってしまって膨らんでいる事を指します。お母さんのおなかの中にいる時に腹膜といわれる部分に水が溜まってしまうと水腫となります。通常の陰嚢より見た目は大きくなりますが、本人は全く痛みを感じないので保護者がしっかりと体の状態を観察する必要があります。

陰嚢水腫の原因
陰嚢水腫の原因はリンパ液になります。精巣鞘膜という部分にリンパ液が過剰に分泌されることにより発症します。陰嚢内の睾丸精巣を包んでいる膜、これを精巣鞘膜と言いますが、この部分にリンパ液が過剰に分泌されると精巣鞘膜が膨らんでしまいますので、陰嚢が腫れてしまう事になるわけです。主に新生児には鞘状突起というものがあり、この部分の影響でリンパ液が鞘状突起内に入ってしまい発症させてしまうのです。

陰嚢水腫の検査と診断
陰嚢水腫の検査方法は超音波による検査が中心になります。超音波検査により、陰嚢部分にたまっているものが水分であるかどうかを調べます。他に、手で触れて内容物をチェックする方法、陰嚢の後ろから懐中電灯やペンライトを当てて透けるかどうかを確認し、透光性を見る方法などもあります。また、針を水腫を刺して内容物を確認するという方法もあります。

陰嚢水腫の治療方法
陰嚢水腫のほとんど症状の場合は、1年ていどで自然と吸収されていくので、都度経過を見ることが多いです。を過ぎても水が吸収されない場合や陰嚢が異常に大きい場合は、手術をすることがあります。針を刺して水を出す方法は、2歳以上になったり1年以上経っても水が吸収されない場合、陰嚢が異常に大きい場合は、医師の判断で手術をする治療法もあります。

陰嚢水腫の初診に適した診療科目

陰嚢水腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ