膣炎チツエン

膣炎はどんな病気?
膣炎とは腟の中に炎症を起こしてしまう病気です。腟の中の炎症により性交痛を伴ったり、出血してしまう事もあります。これは腟の中に傷がついて炎症を起こす場合もありますし、性病等に感染して炎症を起こす場合もあります。おりものが異常に増えたり、腟からブルーチーズのようなキツイ匂いがする事もあります。婦人科を受診すると薬で炎症を治す事が可能です。

膣炎の症状
膣炎の症状はどういったものかというと、膣内細菌のバランスが崩れるために、まずおりものの変化がおきます。臭いが魚の腐ったような臭いになったり、きつくなったりします。色も濃くなり、下着が汚れやすくなったり、量自体が、かなり減少するのも特徴です。一般的な細菌が過剰に繁殖してしてしまって炎症を起こしているので婦人科の相談をするとよいです。

膣炎の原因
膣炎は、さまざまな原因によってなることがあるのです。最も多いのは、膣に細菌が感染してしまうことです。性感染症や不タンポンの使用などによりなることがあります。体調不良時や頻回の膣洗浄などで膣の浄化のバランスを崩してしまい炎症を起こしてしまうこともあるのです。また、膣が炎症してしまう病気は非常に多く、なりやすい感染症の1つだと言えます。

膣炎の検査と診断
膣炎の検査方法は、通常綿棒などを使って膣粘膜を取り、顕微鏡で炎症を起こす細菌の確認を行い、培養検査をします。そのときに、人によっては痛みや不快感を伴ったりする恐れがあります。また最近では、初尿を採ることで遺伝子検査により、判定を行う方法もあります。この方法であれば、婦人科検診に抵抗がある人でも無理なく検査をすることができます。

膣炎の治療方法
膣炎の治療法は、症状を引き起こした原因と、その細菌の種類によって、多少異なってきますが、ほとんどの場合、膣洗浄と膣剤投与、内服治療となります。細菌の種類によって、使用する薬剤が異なり、種類もたくさんあります。治療中は、性交渉は避け、タンポンの使用はやめ、膣内を清潔に保つ必要があります。また、膣錠の投与によって、おりものが増える場合が多いです。

膣炎の初診に適した診療科目

膣炎の専門外来

膣炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ