自家感作性皮膚炎ジカカンサセイヒフエン

自家感作性皮膚炎はどんな病気?
自家感作性皮膚炎は、身体の一部に湿疹や皮膚炎が生じ、痒く掻いてるうちに、湿疹病変が拡大し全身に広がる皮膚疾患です。原因は治療が不十分だったり、細菌感染を起こしたりし急激に悪化するのが原因であり、悪化したら強い痒みを伴います。治療は外用剤としてステロイド外用薬が使われ、内服薬では抗アレルギー薬やステロイドも用いられることがあります。


自家感作性皮膚炎の症状
自家感作性皮膚炎の症状としては、全身に湿疹が出来て、強い痒みを伴います。まずはジクジクとした原発巣が現れてから1週間~数週間後にその周囲や顔、体幹、手や腕、脚など全身に約直径1mm程度の丘疹が多発してきます。また湿疹は強い痒みがあり、掻いたところに新たな散布疹が出てくる可能性もあります。細かいのが複数融合し硬貨大になったり、手の平や足の裏では大きな水ぶくれになることもあります。

自家感作性皮膚炎の原因
自家感作性皮膚炎とは、主に体のどこかに負った切り傷などが原因で発症する病気です。小さな切り傷などからでも、体内に細菌が入り込んでしまい、細菌がリンパの流れに乗って全身を巡り発症してしまうのです。傷を消毒せずに放置し、膿んでしまったりすることがこの病気を発症させるもとになっていると考えられるので、傷は放置せずに治しましょう。

自家感作性皮膚炎の検査と診断
自家感作性皮膚炎に疾患すると、体の一部にかゆみを伴う皮膚炎が生じ、その数日から数週間後に体の他の部分にもその皮膚炎がとびひしたように広がって行きます。検査方法としては、まずじくじくした原発巣と呼ばれる症状が出たあとに、直径1ミリ程度の丘疹が原発巣周辺や香り、体幹、四肢など全身に広がっているかどうかを判断します。原発巣の有無や発熱などの症状があるかどうかをもとにその他の皮膚炎との違いを判断します。

自家感作性皮膚炎の治療方法
自家感作性皮膚炎の治療法は、ステロイド外用薬により行います。患部に薬を塗ることによって炎症を抑えていきます。また、かゆみを伴う場合には抗ヒスタミン薬を服用するなどの方法を取ります。さらに、患部が広範囲に渡る場合などにおいては、ステロイドを外用薬だけでなく内服薬でも短期間ながら服用することにより、広範囲の皮膚炎の治療に効果があります。

自家感作性皮膚炎の初診に適した診療科目

自家感作性皮膚炎の専門外来

自家感作性皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ