物忘れモノワスレ

物忘れはどんな病気?
物忘れは病気ではありません。なので、なおることはありません。特徴として、数分前のことを、忘れてしまいます。これは、老化による記憶力低下が、原因です。また、特徴として、、忘れたと言うことを理解します。なので、言うことにより、思い出します。しかし、思い出さないことが、多いい場合は、認知症の疑いがあるので、病院にいきましょう。


物忘れの症状
物忘れの症状には初期のものと後期のものがあります。初期のものであればカギを閉め忘れたとか、ガスの元栓閉め忘れたとか、そういったささいなもので誰にだって起こることです。後期のものになるとお年寄りの方が多く発症します。いわゆるアルツハイマー病とも呼ばれ、自宅の道がわからないとかご飯を食べたか忘れるといった状態が見られます。

物忘れの原因
物忘れの種類には様々な要因がありまs。海馬や前頭葉の衰えが原因で起こるものや、脳梗塞で起こるものや、妊娠中や産後の女性が一時的に起こる場合もあります。体力が年齢とともに衰えるように、脳も同じように衰えてきます。日常生活や仕事にまで支障が出たりするが、認知症の診断が下らない人たちのことを、軽度認知障害とも呼ぶことがあります。

物忘れの検査と診断
物忘れの検査方法とは、まず患者にいくつかの質問を行い、その内容により明らかに異常が認められた場合は脳の検査を行います。脳の検査を行うにはますCTで脳の内部を撮影します。そしてその画像から異常を見つけるのです。脳の萎縮はないのか、脳腫瘍は発生してはいないのか、等の異常を見つけます。そこで何らかの異常が発見されれば正式な病名が分かります。

物忘れの治療方法
物忘れの治療法としては、脳内の神経伝達物質であるドーパミンを大量に投与することでかなり改善することが医学的に証明されています。健忘症といわれるような状態までであれば、ドーパミンを投与しておけばかなり症状が改善し日常生活にも全く支障が出なくなってくるはずです。まずは脳神経内科を受診して、医師に相談してみるのがいいはずです。

物忘れの初診に適した診療科目

物忘れの専門外来

関連部位から他の病名を探す

物忘れに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ