dleディーエルイー

dleはどんな病気?
dleとは慢性円板状エリテマトーデスの略称名で、ループスエリテマトーデスの病型の一つです。発疹が円板上の形をとることが多いため、このような名前がつきました。紫外線や寒冷刺激を原因として、暗赤色で白いカサカサしたものを伴う、境目のはっきりした発疹が、頬や鼻、下唇、頭部に出るのが特徴です。かゆみを伴いますが、かきむしると発疹が広がってしまいます。


dleの症状
dle(慢性円盤状エリテマトーデス)の症状は、暗赤色の境目のはっきりした発疹が、皮膚表面が白いかさかさを伴いながら頬、鼻、下唇、頭部などの露光部に出来ます。全体的に皮膚面と比べると若干隆起し、いぼのような状態になります。悪化すると、下唇ではびらん、頭皮では脱毛が伴うことがあります。掻いたりひっかいたりなど、発疹部分に刺激を与えるとその周辺に発疹が広がることがあります。

dleの原因
dle(慢性円盤状エリテマトーデス)が発症する原因は不明ですが、紫外線や寒冷刺激が誘発および増悪因子になります。sle(全身性エリテマトーデス)と異なり、これは血中の自己抗体は関係なく、特定の場所にTリンパ球が増殖しサイトカイン(細胞間で情報を伝達するタンパク質)の産生が引き起こされることによって発症すると考えられています。

dleの検査と診断
dle(慢性円盤状エリテマトーデス)の検査は皮膚科で受けることが可能となります。検査方法は全身症状や血液検査などの異常な検査はほとんど見られず、多くの場合は発疹の形が特徴的であることから診察のみで分かることが多く容易に分かるものです。さらに言えば、皮膚生検による組織所見によって診断が可能となります。これによって症状にあった薬を簡単に処方してもらうことが出来ます。

dleの治療方法
dle(慢性円板状エリテマトーデス)の治療法は、一般的に皮疹部分が限られている場合はステロイド剤が使われます。皮疹が顔面に目立つ場合、頭皮(脱毛まで伴っている)にある場合はステロイド剤の内服薬が処方されます。レクチゾールの内服薬での治療も可能ですが、この場合はステロイド剤よりも強い副作用が伴うので使用に注意が必要です。また欧米ではクロロキンやサリドマイドが利用されていますが日本では使用出来ません。

dleの初診に適した診療科目

dleに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ