小児がんショウニガン

小児がんはどんな病気?
小児がんとは、子供が癌にかかることです。一般的に、癌は大人になってから発生することが多くありますが、場合によっては子供に発生することがあります。このため、これらの症状などが発生した場合には、速やかに病院で診察をしてもらい、原因を除去する必要があります。このため、これらの症状を長時間放置しておくことは極めて危険であり、防ぐ必要があります。


小児がんの症状
症状の多くは小児がん特有のものでなく、一般的な病気と変わらない場合が多々あります。具体的な例をあげますと、発熱、頭痛、リンパ節の腫れなどの風邪に似たものや、胸の腫瘤、お腹の腫瘤、骨・関節の痛み、血液細胞の異常などがあげられます。また、腫瘍の種類によっては、胸・お腹以外への腫瘤や、目の瞳孔が白く見える白色瞳孔という特徴的なものもあります。

小児がんの原因
1万人に1人の割合で発症すると言われている小児がんは、白血病のように先天性の因子が起因している可能性も疑われていますが、はっきりと原因は分かっていません。また癌に羅漢した子供は染色体に異常があったりするなど、先天性の免疫不全症を持つ子供はがんの発祥の可能性が高いと言われています。がんの早期発見のためにも早めの受診が必要です。

小児がんの検査と診断
小児がんは、最終的にがん細胞を病理学的に検査する必要がありますが、その前に病院でいくつか検査を進めます。最初の検査方法として、腫瘍マーカーというものがあります。がんができると尿や血液中に目印があらわれることがあり、これをチェックします。次に画像検査です。挙げると、超音波検査やx線の撮影、放射性同位元素を利用したものなどです。これらは子供が痛い思いをせずにできて、がんの広がりが分かる大事な検査です。

小児がんの治療方法
小児がんは抗癌剤の治療から行います。がんが小さくなってから手術や放射線治療などの治療法を用いることがほとんどです。特に重要なのは抗癌剤です。抗癌剤の組み合わせや投与をするタイミングや期間に量なども重要になってきます。腫瘍の種類や進行度によって治療の仕方も変わってくるのです。抗癌剤の効き具合でその後の手術のタイミングが変わってきます。

小児がんの初診に適した診療科目

小児がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ