下垂体機能低下症カスイタイキノウテイカショウ

下垂体機能低下症はどんな病気?
下垂体機能低下症とは一般に、下垂体前葉ホルモンの一部またはすべてが何らかの原因で十分に分泌できなくなった状態を意味します。後葉ホルモンの障害は中枢性尿崩症として別に扱われます。


下垂体機能低下症の症状
下垂体機能低下症はまれな病気で、下垂体腫瘍や下垂体への血流低下を含む多くの因子によって起こります。ときには突然、劇的に発症することがありますが、通常は徐々に、本人が長い間気づかないこともあります。症状は不足している下垂体ホルモンの種類によって異なります。1種類の下垂体ホルモンの産生が減少することもあれば、いくつかのホルモンが同時に減少することもあります(汎下垂体機能低下症)。

下垂体機能低下症の原因
成長ホルモン、黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンの減少は、甲状腺刺激ホルモンやコルチコトロピンの減少より前に起こります。

下垂体機能低下症の初診に適した診療科目

下垂体機能低下症の専門外来

下垂体機能低下症の専門医

下垂体機能低下症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ